KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎

2018年10月21日 (日)

2018ファーム日本選手権 タイガース-ジャイアンツ KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎

イースタンンリーグ4連覇を決めたジャイアンツのファーム。

 

ウエスタンリーグ覇者の阪神タイガースとファームの日本一を決めるプロ野球ファーム日本選手権が行われたKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎に行ってきました。

 

 

      

 

■10月5日(金)

 

 

予定では試合の行われる当日に日帰り遠征のハズが、羽田-宮崎の午前便は全便満席…。

では、前乗りでと前日の夕方便も満席でした。

どうやら、全国組織の総会が宮崎で開催されているらしく、どうしても宮崎に直接行けない模様。

 

 

01     

まずは東京国際空港(羽田)から

 

03     

大分に向かいます(^^;

 

04     

◆羽田(HND)-大分(OIT) JL669 ボーイング767-300ER(JA655J)

 

05    

台風の近づく九州地方。かなりの揺れもありましたが、無事に定刻通り大分空港に到着しました。

 

06     

07    

大分に来たのは2013年以来、5年ぶり。

「りゅうきゅう」やら「かぼす酎ハイ」で懐かしさを味わって、大分の夜は更けて行きました。

 

 

■10月6日(土)

 

 

08     

おはようございます。

台風25号は夜中に通過したようで、朝から青空が広がっていました。

 

09    

まだ朝の7時ですが、宮崎に向かわなければいけません。

 

10    

大分-宮崎は、高速バスで移動。

JRに比べると約半額と格安だったんです。

 

11    

12     

「パシフィックライナー」で約3時間半のバスの旅です。

 

13     

途中、大分銀行ドームの横を通過しました。

 

14    

道の駅 北川はゆまで20分間の休憩。

 

15    

ようやく宮崎駅に到着。

ここからKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎へは路線バスを使います。

バス乗り場がイマイチ分からず、宮崎交通の案内所で乗り場を聞いたところ、対応してくれたお姉さんが「大のジャイアツファンです!本当はサンマリン行きたいけど仕事で行けません。絶対に日本一を見てきてください♪」と熱いエールをいただきました。

了解!

 

多くのジャイアンツファンを乗せたバスに約50分揺られ、サンマリン前というバス停で下車。

サンマリン前という名ですが、バス停からは徒歩10分ぐらいのところです。

 

16      

17     

到着♪

 

18     

19    

タイガースは江越や高山をスタメンに揃える反則技です(笑

 

昨年もそうでしたが、毎年毎年観客の少ない大会です。

ジャイアンツの応援団も3人と少人数ですが、数少ないファンとともに応援します。

 

20    

レフト外野自由席から全力応援!

            

21     

先発は髙田

       

22      

和田れぇぇぇん (≧∇≦) 先制タイムリーツーベースVIVA!

 

23     

和田のタイムリー二塁打で先制♪

 

25     

到ぅぅぅ (≧∇≦) タイムリーVIVA!!!

 

26     

橋本のタイムリーで3点差に迫ります。

 

27    

ちなみに外野で応援しているのは、これだけです (^^;

 

24    

タイガース側も客の入りは少なく、コールリーダーも辛そうです…

 

 

28      

増田ぁぁぁ (≧∇≦) 代打ソロホームランVIVA!!!!

 

29     

最終回、増田のホームランで4点目を入れますが、なにぶん失点が多すぎます。

 

30     

4-8で敗戦…。

昨年につづき、まだもや日本一を逃しました。

 

31     

この試合を最後に脇谷は引退。

お疲れ!脇谷!

 

32     

試合後は路線バスで宮崎ブーゲンビリア空港へ。

 

34     

35     

◆宮崎ブーゲンビリア(KMI)-羽田(HND) JL668 ボーイング737-800(JA305J)

 

36     

お疲れ!オレ!

 

 

■2018年プロ野球ファーム日本選手権<KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎>

 

 阪神タイガース 8-4 読売ジャイアンツ (試合時間:3時間3分)

 

 勝 いいだ

 

 S 

 

 負 髙田

 

 本塁打 増田1号

 

 

 

 

|

2017年12月31日 (日)

【ジュビロを忘れる?忘れない?】2017年のまとめ(その3~JAL搭乗記録篇)

2017年の振り返り最後。

第3弾は、2017年JAL搭乗記録です。

 

 

Leg:1

搭乗日:2月4日  目的:【ジュビロを忘れる旅】どこかにマイル~函館日帰り

区間:東京国際空港(HND)-函館空港(HKD)  便名:JL585(JA8987)

機材:B767-300  クラス:Y

07_2       

 

Leg:2

搭乗日:2月4日  目的:【ジュビロを忘れる旅】どこかにマイル~函館日帰りの帰り

区間:函館空港(HKD)-東京国際空港(HND)  便名:JL588(JA8987)

機材:B767-300  クラス:Y

41    

 

Leg:3

搭乗日:2月17日  目的:読売ジャイアンツ那覇キャンプ見学

区間:東京国際空港(HND)-那覇空港(OKA)  便名:JL908(JA8944)

機材:B777-300  クラス:Y

03    

 

Leg:4

搭乗日:2月19日  目的:読売ジャイアンツ那覇キャンプ見学の帰り

区間:那覇空港(OKA)-東京国際空港(HND)  便名:JL908(JA752J)

機材:B777-300  クラス:Y

32      

 

Leg:5

搭乗日:2月24日  目的:オープン戦 巨人-横浜・ロッテ(セルラースタジアム那覇) 

区間:東京国際空港(HND)-那覇空港(OKA)  便名:JL905(JA8945)

機材:B777-300  クラス:Y

06     

 

Leg:6

搭乗日:2月26日  目的:オープン戦 巨人-横浜・ロッテ(セルラースタジアム那覇)の帰り

区間:那覇空港(OKA)-東京国際空港(HND)  便名:JL918(JA752J)

機材:B777-300  クラス:Y

18_2    

 

Leg:7

搭乗日:4月8日  目的:阪神-巨人(阪神甲子園球場)

区間:東京国際空港(HND)-大阪国際空港(ITM)  便名:JL107(JA623J)

機材:B767-300  クラス:Y

04     

 

Leg:8

搭乗日:5月15日  目的:沖縄出張

区間:東京国際空港(HND)-那覇空港(OKA)  便名:JL915(JA8984)

機材:B777-200  クラス:J

04     

 

Leg:8

搭乗日:5月20日  目的:沖縄出張の帰り

区間:那覇空港(OKA)-東京国際空港(HND)  便名:JL912(JA8988)

機材:B767-300  クラス:J

13

 

Leg:8

搭乗日:6月9日  目的:日本ハム-巨人(札幌ドーム)

区間:東京国際空港(HND)-新千歳空港(SPK)  便名:JL529(JA008D)

機材:B777-200  クラス:Y  

05    

 

Leg:9

搭乗日:6月11日  目的:日本ハム-巨人(札幌ドーム)の帰り

区間:新千歳空港(SPK)-東京国際空港(HND)  便名:JL528(JA615J)

機材:B767-300  クラス:J

14_3     

 

Leg:10

搭乗日:8月25日  目的:【ジュビロを忘れる旅】オアフ島9日間

区間:成田国際空港(NRT)-ダニエル・K・イノウエ国際空港(HNL)  便名:JL780(JA702J)

機材:B777-200ER  クラス:C

09_2        

 

Leg:11

搭乗日:9月1日  目的:【ジュビロを忘れる旅】オアフ島9日間

区間:ダニエル・K・イノウエ国際空港(HNL)-成田国際空港(NRT)  便名:JL785(JA617J)

機材:B767-300ER  クラス:C 

20    

 

Leg:12

搭乗日9月23日  目的:広島-巨人(マツダスタジアム) 

区間:東京国際空港(HND)-広島空港(HIJ)  便名:JL255(JA335J)

機材:B737-800  クラス:Y

03_3    

 

Leg:13

搭乗日9月23日  目的:広島-巨人(マツダスタジアム) の帰り

区間:広島空港(HIJ)-東京国際空港(HND)  便名:JL266(JA332J)

機材:B737-800  クラス:Y

23_2    

 

Leg:14

搭乗日10月7日  目的:ファーム日本選手権 巨人-広島(KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎) 

区間:東京国際空港(HND)-宮崎空港(KMI)  便名:JL689(JA347J)

機材:B737-800  クラス:J

04    

 

Leg:15

搭乗日10月7日  目的:ファーム日本選手権 巨人-広島(KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎)の帰り

区間:宮崎空港(KMI)-東京国際空港(HND)  便名:JL698(JA313J)

機材:B737-800  クラス:J

25     

 

Leg:16

搭乗日:10月13日  目的:沖縄出張 

区間:東京国際空港(HND)-那覇空港(OKA)  便名:JL915(JA008D)

機材:B777-200  クラス:J

 03   

 

Leg:17

搭乗日:10月15日  目的:沖縄出張の帰り

区間:那覇空港(OKA)-東京国際空港(HND)  便名:JL902(JA009D)

機材:B777-200  クラス:J

08     

 

Leg:18

搭乗日:11月20日  目的:京都出張

区間:東京国際空港(HND)-大阪国際空港(ITM)  便名:JL119(JA613J)

機材:B767-300  クラス:Y

04_3     

 

Leg:19

搭乗日:11月25日  目的:京都出張の帰り

区間:大阪国際空港(ITM)-東京国際空港(HND)  便名:JL124(JA614J)

機材:B767-300  クラス:Y

07_3     

 

Leg:20

搭乗日:12月17日  目的:【ジュビロを忘れる旅】石垣島3日間

区間:東京国際空港(HND)-南ぬ島石垣空港(ISG)  便名:NU71(JA8995)

機材:B737-400  クラス:Y

03    

 

Leg:21

搭乗日:12月19日  目的:【ジュビロを忘れる旅】石垣島3日間の帰り

区間:南ぬ島石垣空港(ISG)-那覇空港(OKA)  便名:NU608(JA04RK)

機材:B737-800  クラス:J

63    

 

Leg:22

搭乗日:12月19日  目的:【ジュビロを忘れる旅】石垣島3日間の帰り

区間:那覇空港(OKA)-東京国際空港(HND)  便名:JL912(JA657J)

機材:B767-300  クラス:J

73    

 

Leg:23

搭乗日:12月19日  目的:福岡出張

区間:東京国際空港(HND)-福岡空港(FUK)  便名:JL331(JA010D)

機材:B777-200  クラス:Y

02_2    

 

Leg:24

搭乗日:12月20日  目的:福岡出張の帰り

区間:福岡空港(FUK)-東京国際空港(HND)  便名:JL328(JA772J)

機材:B777-200  クラス:Y

06_2      

 

 

2017年はJALの国内線が22Leg、国際線が2Leg、合計JAL搭乗が24Legでした。

2009年が62Leg、2010年が24Leg、2011年が27Leg、2012年が19Leg、2013年が16Leg、2014年が20Leg、2015年が19Leg、2016年が23Legでしたので、2010年と同じ過去3番目に多い年間搭乗回数となる24Legという結果になりました。

 

2018年も仕事絡みの搭乗が多そうですが、ジャイアンツだと那覇のオープン戦ぐらいしか予定が立っていません。

ですが、ハーフマラソン出場で2回遠征する予定 (^^;

 

ちなみに現時点での予約は国内線8Leg、国際線2Legとなっています。

最終的に何回搭乗できるかなぁ・・・。

 

とりあえず、2月の那覇オープン戦ネタからスタートします! 

    
          /⌒ヽ
   ⊂二二二( ^ω^)二⊃
           |    /       ブーン
           ( ヽノ
           ノ>ノ
        三  レレ

 

 

これにて、ジュビロ・ジャイアンツ・JALの2017年振り返りは終了です。

 

ジュビロサポーターの皆さま、ジャイアンツファンの皆さま、JALマニアの皆さま。良い年をお迎えください!

 

 

 

 

|

2017年12月30日 (土)

【ジュビロを忘れる?】2017年のまとめ(その2~読売ジャイアンツ篇)

2017年振り返りの第2弾は、読売ジャイアンツの2017年観戦まとめです。

2017年は高橋由伸監督2年目の采配でしたが、開幕5連勝を飾り”今年こそは”と期待が大きいシーズンスタートも球団ワースト記録となる13連敗も喫し、結局Bクラスに沈む、超最悪な2017年でした (´・ω・`)

 

 

【オープン戦】 0勝2敗

  2月25日(土) 横浜DeNAベイスターズ(沖縄セルラースタジアム那覇) ● 3-5

  2月26日(日) 千葉ロッテマリーンズ(沖縄セルラースタジアム那覇) ● 2-6

 

【リーグ戦】 15勝19敗1分

   3月31日(金) 中日ドラゴンズ(東京ドーム) ○ 6-2

   4月1日(土) 中日ドラゴンズ(東京ドーム) ○ 4×-2

  4月4日(火) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ○ 5-2

  4月5日(水) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ○ 4-2

  4月7日(水) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ● 2-4

  4月8日(土) 阪神タイガース(阪神甲子園球場) 雨天中止

  4月9日(土) 阪神タイガース(阪神甲子園球場) ● 3-4

  4月11日(火) 広島東洋カープ(東京ドーム) ● 6-9

  4月13日(木) 広島東洋カープ(東京ドーム) ● 5-11

  4月15日(土) 中日ドラゴンズ(ナゴヤドーム) ○ 6-2

  4月28日(金) 東京ヤクルトスワローズ(明治神宮野球場) ○ 7-0

  5月4日(木) 横浜DeNAベイスターズ(東京ドーム) ● 2-5

  5月10日(水) 阪神タイガース(東京ドーム) ○ 9-7

  5月27日(土) 広島東洋カープ(東京ドーム) ● 0-9

  6月2日(金) オリックスバファローズ(東京ドーム) ● 5-6

  6月4日(日) オリックスバファローズ(東京ドーム) ● 1-3

  6月10日(土) 北海道日本ハムファイターズ(札幌ドーム) ● 2-3

  6月11日(日) 北海道日本ハムファイターズ(札幌ドーム) ● 1-5

  6月14日(水) 福岡ソフトバンクホークス(東京ドーム) 〇 3-0

  6月15日(木) 福岡ソフトバンクホークス(東京ドーム) ● 3-7

  6月23日(金) 中日ドラゴンズ(東京ドーム) ●0-1

  6月30日(金) 横浜DeNAベイスターズ(宇都宮清原球場) ● 1-3

  7月11日(火) 東京ヤクルトスワローズ(東京ドーム) ○ 2-0

  7月21日(金) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) △ 3-3

  7月23日(日) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ● 6-×8

  8月1日(火) 東京ヤクルトスワローズ静岡県草薙総合運動場硬式野球場) ○ 10-3

  8月4日(金) 中日ドラゴンズ東京ドーム) ● 5-6

  8月10日(木) 阪神タイガース(東京ドーム) ○ 5-2

  8月18日(金) 横浜DeNAベイスターズ(東京ドーム) 〇 9×-7

  9月10日(日) 東京ヤクルトスワローズ(東京ドーム) ○ 6-1

  9月16日(土) 横浜DeNAベイスターズ(東京ドーム) ● 0-1

  9月23日(土) 広島東洋カープ(MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島) ● 2-3

  9月26日(火) 東京ヤクルトスワローズ(東京ドーム) ○ 3-0

  9月30日(土) 阪神タイガース(東京ドーム) ● 1-5

  10月1日(日) 阪神タイガース(東京ドーム) ● 4-5

  10月3日(火) 東京ヤクルトスワローズ(明治神宮野球場) ○ 10-6

 

=番外編=

*WBC1次ラウンド 日本代表-中国代表(東京ドーム) 〇7-1

*アジアプロ野球CS 日本代表-台湾代表(東京ドーム) 〇8-2

*アジアプロ野球CS決勝 日本代表-韓国代表 (東京ドーム) 〇7-0

*イースタンリーグ公式戦  千葉ロッテマリーンズ(読売ジャイアンツ球場) ● 1-2

ファーム日本選手権 広島東洋カープ(KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎)● 2-5

 

 

ジャイアンツは、年間37試合(オープン戦2試合)観に行った2017年でした。

番外編としては、侍ジャパン3試合とファーム関連で2試合の観戦となりました。

 

陽岱鋼、山口俊、森福とFAで3選手、吉川光やマギーなどの新戦力を擁して、ヨシノブ監督2年目の采配に注目しましたが、山口俊はアレだったり、13連敗だったり、結局はベテラン頼みとなり、4位と久しぶりのBクラスで幕を閉じました。

 

110

 

 

今年のスタートは、例年と違い、那覇のオープン戦の1週間前に那覇キャンプ見学から。

 

1000
    

その翌週にもまた沖縄に行き、オープン戦を2試合観戦。

 

1011
    

101
   

今年も開幕戦からしっかり観戦でき、2戦目の慎之助の逆転サヨナラホームランに涙したり、ホークス戦では山口俊の初勝利がノーヒットノーランリレーでの勝利、突如彗星の如く現れた宇佐見のサヨナラホームランだったり、菅野・マイコラス・田口の3本柱の活躍など今年も思い出深い試合が多くありました。

その中でも

 

109    

中井のチーム10000号が一番の驚きでした(笑)

 

地方球場は

 

106
    

宇都宮清原球場に初遠征。

 

107
    

ゲンのいい、静岡草薙球場には出張先の岩手県から直接向かったりもしました。

 

102
             

103
     

ビジターのゲームでは甲子園球場では雨天中止にもなり…。

 

104
     

105
    

108
    

ハマスタ、神宮以外にもナゴドや札幌ドーム、マツダスタジアムに行きました。

慎之助の2000安打はマツダスタジアムでしたが、こちらは現地に行けなかったのが残念ではありましたが、久しぶりの生え抜き選手の名球会入りが嬉しい年となりました。

 

111
     

また、番外編になりますが、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で行われたプロ野球ファーム日本選手権に参戦。

 

112
    

松本哲也の最後の雄姿を目に焼き付けました。

 

来年は、村田修一を自由契約にしてまで若返りを図ろうとしているジャイアンツ。

岡本、吉川尚、山本など期待の選手は多数います。

どんな結果になるかは、全く予想できない年となりそうですが、全国各地で…

 

01
    

02
 

03
    

04
    

05
    

06
    

07
    

08_2
     

09
    

10
     

11
      

12
    

13
   

14
    

15
    

16

オレンジタオルをブンブン振り回したいと思います (≧∇≦)

 

 

100
    

Let's Go!GIANTS!

 

 

 

 

|

2017年10月 8日 (日)

2017ファーム日本選手権 ジャイアンツ-カープ KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎

イースタンンリーグ3連覇を決めたジャイアンツのファーム。

ウエスタンリーグ覇者の広島東洋カープとファームの日本一を決めるプロ野球ファーム日本選手権が行われたKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎に行ってきました。

ファームの日本選手権は1987年の第1回の開催だったジュニア日本選手権(当時)を平塚球場(現 バッティングパレス相石スタジアムひらつか)に行った以来です(´∀`)

 

 

■10月7日(土)

 

 

01     

朝の混雑も終わり、3連休初日とはいえ、落ち着いている東京国際空港(羽田)です。

プレイボールは13時でしたが、今回は特典航空券での遠征のため、空席のあった10時出発での宮崎行きとなりました。

JGCカウンターで残り最後の1席だったクラスJに変更してもらい

 

02    

サクララウンジで松本の引退記事をしみじみと読む。

右面の若手の活躍は本当に必須です。

じゃないと、暗黒時代に突入しちゃいます…。

 

03    

86番搭乗口ってことはバスです。

しかも、5分の遅延は到着してからさらにバタつくかもしれません。

宮崎空港(宮崎ブーゲンビリア)へはJAL修行時代の2009年に福岡から飛んだことはありますが、羽田からは初めて。

 

04     

◆羽田(HND)-宮崎ブーゲンビリア(KMI) JL689 ボーイング737-800(JA347J)

 

 

05_2     

5分遅れの10時5分に出発したJAL689便。到着は定刻の11時45分から10分遅れるとのこと。

ですので、宮崎ブーゲンビリア空港に到着したら、機内からは誰よりの早く脱出してタクシー乗り場にダッシュ。

お陰で12時15分には

 

06_2     

初訪となるKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎に到着できました。

ジャイアンツのキャンプ地でもある、ここ宮崎。そしてメインのスタジアムでもありますが、いつか行こうと思っているうちに行けていないのでした (^^;

 

07      

08    

なかなかいいスタジアムですね。

数は本当に少ないですが、全国からジャイアンツファンが集結。

 

09     

スコアボードは故障しているようで、スピード表示はできず。さらに守備位置や現在打者のマークも表示されません…。

 

スタメンは(8)立岡、(4)吉川尚、(5)山本、(7)岡本、(2)宇佐見、(9)堂上、(D)青山、(3)辻、(6)増田、(P)今村です。

10月3日の1軍最終戦で活躍した尚輝や山本、岡本、宇佐見に注目です。

 

10    

ファーム月間MVPで岡本が表彰されました。

 

11     

12     

先発はイースタンリーグ最多勝の今村!

 

13     

ライト外野自由席から全力応援!

 

今村は本当に完璧なピッチングを披露しました。

しかし、攻撃陣は相手投手にパーフェクトピッチングされて、ツマラナイ試合展開です。

 

そんな時は…

 

14    

J-AIRのエンブラエルを見て心を和まします (´Д`*)ヾ

 

そんなJ-AIRパワーが通じたのか、4回に

 

15    

山本ぉぉぉ (≧∇≦) 先制タイムリーツーベースVIVA!

 

16    

日本一連覇に向けて先制♪

 

さらに6回…

 

17     

岡本ぉぉぉ (≧∇≦) ソロホームランVIVA!!

 

18     

日本一連覇に向けて追加点♪

 

ですけどね。

高木と森福という、1軍で実績のある選手が炎上しちゃいまして、2-5で8回へ。

 

19     

育成から支配下登録の第1号であり、新人王も獲った育成の星こと松本哲也の最終打席となりました。

 

20     

最終回には最後の守備でセンターに。

何度も松本のダイビングキャッチで救われたことか…。

 

21    

試合は2-5で敗戦

連覇ならず…残念。

 

22     

松本の胴上げ、そしてライトスタンドに挨拶に来てくれました。

 

23    

友人に宮崎ブーゲンビリア空港まで送ってもらい、夕飯。

画像にはありませんが、宮崎地鶏のもも焼きとチキン南蛮を食す。

すんごいベタですけど、ウマかったです。

 

24      

25   

◆宮崎ブーゲンビリア(KMI)-羽田(HND) JL698 ボーイング737-800(JA313J)  

 

26     

フェニックスリーグに参加しないジャイアンツの選手たちと一緒に帰京。

 

あれだけチキンを食したのに帰宅したら空腹に耐えられなくなり

 

27     

今年最後のお疲れ!オレ!

お疲れ!ジャイアンツの選手たち!

お疲れ!全国のジャイアンツファン!

 

これでジャイアンツ活動は終了です。

 

今年は悲惨な年でしたけど、来年の明るい光も若干は見えたかな?

 

今年もお疲れさまでした!

 

 

       ,..-――-:..、    ⌒⌒
     /.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.\      ^^
    / .::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::..ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∩____∩  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   :::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ノ    ;;;;;;;;;;ヽ ;;;;;
     :::::::;;;;;;;;;;;;;;;;/     ;;;;;;;;;;;;;;;|;;
       ::::::::::::::::::|     ;;;;;;;;;;;;;;;;; ミ:来年も那覇からスタートだな・・・
       ::::::::: 彡、 :::::::::::::;;;;;;;;;;;;/      
          ::  /⌒ :::::::::::;;;;;;;;;;ヽ
-― ―'ー-/⌒ヽ/;;;; ::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;i―'''ー'-''――'`'
 ,,  '   と_;;入:::/;;;;/::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ii;;;;i
    ,,, ''  ,,, /;;;;/::::;;;;;;;;;;;;;;;;;/ i;;;;i'''''  ,,,,
,,     ,,,, (_/ゝ_;__;;;;;;;;;;;_ノ  \_) ''' , ,,     ,,,,

 

 

■2017年プロ野球ファーム日本選手権<KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎>

 読売ジャイアンツ 2-5 広島東洋カープ (試合時間:3時間4分)

 勝 たかはし

 S  ふじい

 負 高木

 本塁打 岡本1号

 

 

 

 

|

その他のカテゴリー

HARD OFF ECOスタジアム新潟 KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎 Mazda Zoom-Zoomスタジアム広島(マツダスタジアム) QVCマリンフィールド ZOZOマリンスタジアム 【ジュビロを忘れる旅】 こまちスタジアム ひたちなか市民球場 グアム ジュビロ磐田 ジュビロ磐田(2007リーグ戦) ジュビロ磐田(2008J1・J2入れ替え戦) ジュビロ磐田(2008ナビスコ) ジュビロ磐田(2008リーグ戦) ジュビロ磐田(2009ナビスコ) ジュビロ磐田(2009リーグ戦) ジュビロ磐田(2010ナビスコ) ジュビロ磐田(2010リーグ戦) ジュビロ磐田(2011ナビスコ) ジュビロ磐田(2011リーグ戦) ジュビロ磐田(2012ナビスコ) ジュビロ磐田(2012リーグ戦) ジュビロ磐田(2013ナビスコ) ジュビロ磐田(2013リーグ戦) ジュビロ磐田(2014 J1昇格プレーオフ) ジュビロ磐田(2014リーグ戦) ジュビロ磐田(2015リーグ戦) ジュビロ磐田(2016ナビスコ) ジュビロ磐田(2016リーグ戦) ジュビロ磐田(2017リーグ戦) ジュビロ磐田(2018リーグ戦) ジュビロ磐田(2018J1参入プレーオフ) ジュビロ磐田(全般) ナゴヤドーム ハワイ プロ野球 ランニング・マラソン 京セラドーム大阪 台湾 宇都宮清原球場 山日YBS球場 日本代表 日本製紙クリネックススタジアム宮城(Kスタ宮城) 日記・コラム・つぶやき 札幌ドーム 東京ドーム 横浜スタジアム 沖縄セルラースタジアム那覇 神宮球場 福岡ヤフオク!ドーム 第87回天皇杯全日本サッカー選手権 第88回天皇杯全日本サッカー選手権 第89回天皇杯全日本サッカー選手権_ 第90回天皇杯全日本サッカー選手権__ 第92回天皇杯全日本サッカー選手権 第97回天皇杯全日本サッカー選手権 読売ジャイアンツ 読売ジャイアンツ球場 阪神甲子園球場 静岡草薙球場 韓国 JAL修行