こまちスタジアム

2016年12月31日 (土)

【ジュビロを忘れる?忘れない?】2016年のまとめ(その3~JAL搭乗記録篇)

2016年の振り返り最後。

第3弾は、2016年JAL搭乗記録です。

 

 

Leg:1

搭乗日:2月19日  目的:オープン戦 巨人-横浜・広島(セルラースタジアム那覇)

区間:東京国際空港(HND)-那覇空港(OKA)  便名:JL901(JA8984)

機材:B777-200(772)  クラス:J

01_2     

 

Leg:2

搭乗日:2月21日  目的:オープン戦 巨人-横浜・広島(セルラースタジアム那覇)の帰り

区間:那覇空港(OKA)-東京国際空港(HND)  便名:JL918(JA612J)

機材:B767-300(767)  クラス:Y

02_2      

 

Leg:3

搭乗日:4月6日  目的:沖縄出張

区間:東京国際空港(HND)-那覇空港(OKA)  便名:JL919(JA8944)

機材:B777-300(773)  クラス:J

03_2     

 

Leg:4

搭乗日:4月8日  目的:沖縄出張の帰り

区間:那覇空港(OKA)-東京国際空港(HND)  便名:JL918(JA659J)

機材:B767-300ER(767)  クラス:J 

04_2     

 

Leg:5

搭乗日:5月28日  目的:親戚宅へ

区間:東京国際空港(HND)-山口宇部空港(UBJ)  便名:JL291(JA331J)

機材:B737-800(73H)  クラス:J

05_2     

 

Leg:6

搭乗日:5月29日  目的:親戚宅への帰り

区間:山口宇部空港(UBJ)-東京国際空港(HND)  便名:JL292(JA332J)

機材:B737-800(73H)  クラス:J

06_2      

 

Leg:7

搭乗日:6月11日  目的:ソフトバンク-巨人(福岡ヤフオクドーム)

区間:東京国際空港(HND)-福岡空港(FUK)  便名:JL317(JA603J)

機材:B767-300ER(767)  クラス:Y

05_2    

 

Leg:8

搭乗日:6月12日  目的:ソフトバンク-巨人(福岡ヤフオクドーム)の帰り

区間:福岡空港(FUK)-東京国際空港(HND)  便名:JL330(JA8979)

機材:B777-200(772)  クラス:Y

08      

 

Leg:9

搭乗日:6月22日  目的:熊本地震支援ボランティア

区間:東京国際空港(HND)-熊本空港(KMJ)  便名:JL625(JA659J)

機材:B767-300ER(767)  クラス:J

09     

 

Leg:10

搭乗日:6月22日  目的:熊本地震支援ボランティアの帰り

区間:熊本空港(KMJ)-東京国際空港(HND) 便名:JL634(JA655J)

機材:B767-300ER(767)  クラス:J

10      

 

Leg:11

搭乗日:6月24日  目的:沖縄出張 

区間:東京国際空港(HND)-那覇空港(OKA)  便名:JL923(JA311J)

機材:B737-800(73H)  クラス:Y

11

Leg:12

搭乗日:6月26日  目的:沖縄出張 の帰り

区間:那覇空港(OKA)-東京国際空港(HND)  便名:JL900(JA659J)

機材:B767-300ER(767)  クラス:J 

12     

 

Leg:13

搭乗日:7月1日  目的:ヤクルト-巨人(こまちスタジアム) 

区間:東京国際空港(HND)-秋田空港(AXT)  便名:JL161(JA332J)

機材:B737-800(73H)  クラス:J

13

 

Leg:14

搭乗日:7月3日  目的:ヤクルト-巨人(こまちスタジアム)の帰り

区間:秋田空港(AXT)-東京国際空港(HND)  便名:JL168(JA336J)

機材:B737-800(73H)  クラス:J

14     

 

Leg:15

搭乗日:7月4日  目的:福岡出張 

区間:東京国際空港(HND)-福岡空港(FUK)  便名:JL331(JA009D)

機材:B777-200(772)  クラス:J

15     

 

Leg:16

搭乗日:7月6日  目的:福岡出張の帰り

区間:福岡空港(FUK)-東京国際空港(HND)  便名:JL318(JA623J)

機材:B767-300(767)  クラス:J

16       

 

Leg:17

搭乗日:7月27日  目的:巨人-広島(京セラドーム大阪) 

区間:東京国際空港(HND)-大阪国際空港(ITM)  便名:JL115(JA614J)

機材:B767-300ER(767)  クラス:Y

17     

 

Leg:18

搭乗日:8月5日  目的:広島-巨人(マツダスタジアム) 

区間:東京国際空港(HND)-広島空港(HIJ)  便名:JL255(JA322J)

機材:B737-800(73H)  クラス:Y

18       

 

Leg:19

搭乗日:8月7日  目的:広島-巨人(マツダスタジアム)の帰り

区間:広島空港(HIJ)-東京国際空港(HND)  便名:JL256(JA319J)

機材:B737-800(73H)  クラス:J

19     

 

Leg:20

搭乗日:8月26日  目的:【ジュビロを忘れる旅】オアフ島9日間 

区間:成田国際空港(NRT)‐ホノルル国際空港(HNL)  便名:JL786(JA602J)

機材:B767-300ER(763)  クラス:C

20     

 

Leg:21

搭乗日:9月2日  目的:【ジュビロを忘れる旅】オアフ島8日間の帰り

区間:ホノルル国際空港(HNL)‐成田国際空港(NRT)  便名:JL785(JA606J)

機材:767-300ER(763)  クラス:C

21     

 

Leg:22

搭乗日:10月21日  目的:愛媛出張 

区間:大阪国際空港(ITM)-松山空港(MYJ)  便名:JL2309(JA203J)

機材:ボンバルディアCRJ-200(CRJ)  クラス:Y

22      

 

Leg:23

搭乗日:10月23日  目的:愛媛出張の帰り

区間:松山空港(MYJ)-東京国際空港空港(HND)  便名:JL436(JA309J)

機材:B737-800(73H)  クラス:Y

23     

 

 

Jmb2016     

 

2016年はJALの国内線が21Leg、国際線が2Leg、合計JAL搭乗が23Legでした。

2009年が62Leg、2010年が24Leg、2011年が27Leg、2012年が19Leg、2013年が16Leg、2014年が20Leg、2015年が19Leg、そして過去4番目の年間搭乗回数となる23Legという結果になりました。

 

2017年は仕事絡みの搭乗が多そうですが、ジャイアンツだと那覇のオープン戦、札幌ドーム、甲子園ぐらいしか遠征に行けそうにありません。ジュビロは札幌ドームでしょうか。

 

ちなみに現時点での予約は国内線4Leg、国際線2Legとなっています。

最終的に何回搭乗できるかなぁ・・・。

 

とりあえず、2月中旬の国内ネタ旅行からスタートします! 

    
          /⌒ヽ
   ⊂二二二( ^ω^)二⊃
           |    /       ブーン
           ( ヽノ
           ノ>ノ
        三  レレ

 

 

これにて、ジュビロ・ジャイアンツ・JALの2016年振り返りは終了です。

 

ジュビロサポーターの皆さま、ジャイアンツファンの皆さま、JALマニアの皆さま。良い年をお迎えください!

 

 

 

 

|

2016年12月29日 (木)

【ジュビロを忘れる?】2016年のまとめ(その2~読売ジャイアンツ篇)

2016年振り返りの第2弾は、読売ジャイアンツの2016年観戦まとめです。

2016年は高橋由伸監督の初采配となった年でしたが、不安と期待が入り混じったシーズンでした。

坂本がセ・リーグ遊撃手としては初となる首位打者となり、B9やGGも獲得。

しかし、活躍したのは若手では田口と菅野。他は村田さんや内海など一部ベテラン陣。

これじゃ勝てるわけもなく、屈辱の2位でシーズン終了。

CSは予想通りのファーストステージで敗退…。ホントいいことが少なかった2016年でした。

 

 

【オープン戦】 1勝2敗

  2月20日(土) 横浜DeNAベイスターズ(沖縄セルラースタジアム那覇) ○ 2-1

  2月21日(日) 広島東洋カープ(沖縄セルラースタジアム那覇) ● 0-6

  3月6日(日) 埼玉西武ライオンズ(東京ドーム) ● 3-7

 

【リーグ戦】 20勝15敗1分

   3月25日(金) 東京ヤクルトスワローズ(東京ドーム) ○ 3-1

  3月26日(土) 東京ヤクルトスワローズ(東京ドーム) ○10-5

  3月29日(火) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) 〇6-2

  3月30日(水) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ●3-6

  3月31日(木) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) 〇6-4

  4月22日(金) 横浜DeNAベイスターズ(東京ドーム) △1-1

  4月30日(土) 東京ヤクルトスワローズ(神宮球場) ●3-4

  5月6日(金) 中日ドラゴンズ(東京ドーム) ○2-7

  5月13日(金) 東京ヤクルトスワローズ(東京ドーム) ○3×-2

  6月3日(金) 北海道日本ハムファイターズ(東京ドーム) ○5-4

  6月11日(土) 福岡ソフトバンクホークス(福岡ヤフオク!!ドーム) ●3-8

  6月12日(日) 福岡ソフトバンクホークス(福岡ヤフオク!!ドーム) ●5-7

  6月14日(火) 東北楽天ゴールデンイーグルス(東京ドーム) ●1-4

  6月15日(水) 東北楽天ゴールデンイーグルス(東京ドーム) 〇3×-2

  6月17日(金) 千葉ロッテマリーンズ(東京ドーム) ●1-5

  6月18日(土) 千葉ロッテマリーンズ(東京ドーム) ●2-6

  6月26日(日) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) 〇9-4

  6月30日(木) 中日ドラゴンズ(東京ドーム) ●1-3

  7月2日(土) 東京ヤクルトスワローズ(こまちスタジアム) ●1-2

  7月3日(日) 東京ヤクルトスワローズ(こまちスタジアム) ●3-6

  7月8日(金) 横浜DeNAベイスターズ(東京ドーム) 〇3-1

  7月22日(金) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ●2-×3

  7月24日(日) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) 〇9-1

  7月27日(水) 広島東洋カープ(京セラドーム大阪) 〇7-2

  7月30日(土) 東京ヤクルトスワローズ(東京ドーム) ○9-0

  8月5日(金) 広島東洋カープ(マツダスタジアム) ○5-4

  8月6日(土) 広島東洋カープ(マツダスタジアム) 〇3-2

  8月9日(火) 横浜DeNAベイスターズ(東京ドーム) 〇5-2

  8月19日(金) 阪神タイガース(東京ドーム) 〇6-3

  8月25日(木) 広島東洋カープ(東京ドーム) ●4-6

  9月16日(金) 東京ヤクルトスワローズ(東京ドーム) ○6-4

  9月23日(金) 横浜DeNAベイスターズ(東京ドーム) ●4-12

  9月24日(土) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ●5-6

  9月27日(火) 中日ドラゴンズ(東京ドーム) 〇5×-1

  9月28日(水) 中日ドラゴンズ(東京ドーム) 〇3×-2

  9月29日(木) 広島東洋カープ(東京ドーム) ●3-5

 

 

【クライマックスシリーズ・ファーストステージ】 1勝2

  10月8日(土) 第1戦 横浜DeNAベイスターズ(東京ドーム) ●3-5

  10月9日(日) 第2戦 横浜DeNAベイスターズ(東京ドーム) 〇2-1

  10月10日(月) 第3戦 横浜DeNAベイスターズ(東京ドーム) ●3-5

 

 

年間42試合(オープン戦3試合)観に行った2016年でした。

ヨシノブ監督初采配で胴上げを観たかったのですが、最後はCSファイナルにも出ることのできない残念な結果に。

でも、こうやって振り返ってみると「ああ、そうそう、こんな試合だった」とか「この点差を逆転したんだ!?」なんて試合の内容を忘れていたり。

そして、今年はサヨナラ勝ちの試合が3試合も観戦できたり、橙魂ユニホームとビジターユニホーム配布デーは全部参戦したり、普段行くことのないバルコニーシートで観戦したり、例年と違った年でした。

 

00    

01     

今年も東京ドームでの公式戦を開幕戦から参戦できまして

 

62    

エキサイトシート、バルコニーシート、オレンジシートで1試合ずつ観戦しましたが、その他の試合は全試合とも外野席での観戦 (´ー`)

 

そして、ビジターも横浜スタジアム、明治神宮野球場、マツダスタジアム、秋田県立野球場(こまちスタジアム)に参戦。

 

中でも、思い出深い試合は

 

02     

初訪問の福岡ヤフオク!!ドームでの連敗。

 

03     

雨で開催が危ぶまれましたが、開催しても連敗した、こちらも初訪問の秋田県立野球場(こまちスタジアム)。

 

04     

ホームとしては初訪問の京セラドーム大阪。こちらは勝利♪

 

06    

東京ドームでは坂本勇人の150号本塁打!

 

そして、忘れられない日となった

 

05    

ピースナイター2016 in MAZDA zoom-zoomスタジアム広島。こちらも勝利♪

 

2017年の由伸ジャイアンツ2年目は、山口俊、福盛、陽岱鋼、ケーシー・マギー、アルキメデス・カミネロ、吉川光と石川と新たな選手を迎え、期待と不安を抱きながらも

 

50      

51    

52     

53     

54     

55_2     

56    

57     

58      

59     

60     

61     

63      

64      

65    

オレンジタオルをブンブン振り回したいと思います (≧∇≦)

 

 

 

=番外編=

*侍ジャパン強化試合2016 日本代表-オランダ代表(東京ドーム) 〇9×-8

ジャイアンツ・ファンフェスタ2016(東京ドーム)

 

07     

99     

100     

Let's Go!GIANTS!

 

 

 

 

 

|

2016年7月12日 (火)

2016 スワローズ-ジャイアンツ 14回戦 こまちスタジアム

遠征して負けると凹みますが、秋田・こまちスタジアムでの2試合目。

この日も当初は雨予報でした。

   

 

■7月3日(日)

 

01    

おはようございます。

思いっきり曇っていますが、午後は晴れ予報に変わりました。

この日も前日と同じで、こまちスタジアムに向かう路線バスは満員で乗車することができず。

数本待って、こまちスタジアムに向かいました。

 

02   

03   

前日と打って変わっていい天気です。しかも暑い!

 

04   

ジャビットも「日差しが強いから」

 

05   

「水分を取ってね」のジェスチャー (*´Д`)

 

 

06    

外野自由席から全力応援!

 

07   

先発はマイコラス。

マイコラスは1回、2回と1点ずつ取られて0-2で序盤終了。

 

反撃は5回。

先頭の中井がツーベースで出ると一死後

 

08    

勇人ぉぉ (≧∇≦) タイムリーVIVA!

 

坂本のタイムリーで1-2と1点差にすると、さらに長野さんがヒットで出て一死一、二塁してチャンスを拡げて

 

09    

慎之助ぇぇ (≧∇≦) 同点タイムリーVIVA!!

 

阿部の同点打で一死一、三塁。村田さんが三振で二死一、三塁。

 

10    

ギャレットぉぉ (≧∇≦) 勝ち越しタイムリーVIVA!!!

 

ギャレットの勝ち越し打で3-2となりましたが

 

11   

12   

山口とマシソンが悪すぎた。

7回に逆転を喰らった時点で帰ることに。

 

13   

さようなら秋田。

 

空港までのアクセスを考えると、空いている時点でこまちスタジアムを出ないと飛行機に間に合わない可能性もあるので、試合途中ですが退散。

いまのジャイアンツじゃ勝てる要素もないし。

 

こまちスタジアムからはタクシーでホテルへ。預けておいた荷物を受け取ったら「交通公社前」バス停で空港行のバスを待ちます。

試合も終わったようで、路線バスには両チームのファンがすし詰め状態で秋田駅に向かっています。

 

空港バスはガラガラで乗車すると、次のバス停は秋田駅西口。

空港行のバス乗り場には、燕パワーユニと橙魂ユニを着たファンが長蛇の列を作っています。

確実に乗り切れる人数じゃないし…。

 

秋田空港へのアクセスバスは、飛行機の出発時間に合わせて1本だけ走る設計。

 

案の定、全員は乗り切れず、待っている人は焦ります。

ですが、この時ばかりは臨時便対応したみたいです。

 

14   

秋田空港に到着。

 

15   

腹ごしらえは、比内鶏の親子丼。

旨いっ!

でも、このレストランも遠征組だらけ。

そして、真ん中のテーブルに陣取るスワローズファンの団体が大騒ぎ。

勝ってテンションが高いのは分かりますが、会話の声がデカイ。笑い声が下品。

一般客も一斉に引いてましたよ。恥ずかしい。

 

16    

17    

◆秋田(AXT)-羽田(HND) JL168 ボーイング737-800(JA336J)

 

18  

雨だったり、日焼けだったり、連敗だったり、お疲れ!オレ!

 

 

■2016年セントラルリーグ公式戦<こまちスタジアム>

 東京ヤクルトスワローズ 6-3 読売ジャイアンツ(試合時間:3時間20分)

 勝 ぺれす 

 S  アキヨシ

 負 マシソン 6勝 2敗 1S

 本塁打 

 

 

 

 

 

 

|

2016年7月11日 (月)

2016 スワローズ-ジャイアンツ 13回戦 こまちスタジアム~その2

人生初の秋田訪問は肉祭りとなり、いよいよ東京ヤクルトスワローズと秋田での東京ダービー試合当日となりました。
     

 

■7月2日(土)

 

 

19    

おはようございます。

天気予報は雨。それも午後は強風と大雨の予報のまま迎えた朝です。

意外にも朝は降っておらず、もしかして試合できる!?と期待させましたが

 

20    

お昼前には天気予報通り、強い雨が降ってきました。

「こりゃムリだ」と開き直り、ホテルで中止発表を待ちます。

 

21    

雨の止み間を狙って、秋田名物「稲庭うどん」を食す。

 

雨は時より強く降りますが、数分後には止む。そして強く降るの繰り返しで、中止の発表は出されません。

ホームページでは「現在は試合開催予定です」としか発表されていないので、こまちスタジアムに向かうことに。

スタジアムへの公共機関でのアクセスは、1時間に1本程度の路線バスのみ。

試合日は増便対応するとのことなので、また雨の降り出す中、「交通公社前」バス停で待ちます。

バス停で待ってから数分後にバスが来ました。

 

  _, ._
(;゚ Д゚) …!?  

 

小田急線の朝のラッシュ並みに混雑しており、運転手から「もうこのバスは乗れないから、次のバスに乗ってね」的なアナウンスが。

始発の秋田駅ですでに満員になってしまう模様。

仕方ないので、次のバスを待ち(このバスも混雑していましたが)

 

22   

こまちスタジアムに到着。

両チーム、多くのファンが詰めかけています。

そして、なぜか楽天ユニホームを着ている人も (´∀`)

 

23    

正面広場には秋田の旨いものがずらり。

 

そしてこの後、また雨が降り出しますが、予定通り16時に開門。

 

24   

内野部分には大きなシートが被されていますが、この後がヒドかった。

暴風雨と言っても過言ではなく、尋常じゃない雨が降りました。

台風並みの風も吹き、もう野球どころじゃない。命の危険さえも感じる天候です。

風で体がよろけるんですよ。雨が体を打ちつけるんですよ。

 

ここで場内アナウンスが流され、「あ、やはり中止だね」と帰り支度をしようとしたら「開始時間を18時30分に変更します」とのこと。

 

やるんかいっ!

 

それにしても寒い…。

ビール持つ手もブルブルと震え、全身ズブ濡れのまま試合開始を待ちます。

 

25    

雨も止んでスタメン発表。

 

予定より遅れること30分。

いよいよプレイボール!

 

26   

ほぼ遠征組で埋まった外野自由席から全力応援!

 

27   

先発はエース菅野!ここは神宮じゃないから勝て!

 

28   

雨は止みましたが、この強風。

 

29   

フジテレビナイター祭りin秋田。

 

試合は両チーム決め手を欠き、5回まで0-0。

6回にスワローズが内野ゴロの間に1点を取り、0-1で迎えた7回。

 

二死後、ギャレットはの四球と實松の内野安打で二死一、二塁。

ここで菅野には代打が送られます。

 

30    

大田 (≧∇≦) 泰士同点タイムリーツーベースVIVA!

 

31    

まさかの泰士の同点打で試合は振り出しに (´ー`)

 

32    

33

8回は宮國が登板しますが、山田に被弾し、山口に交代。

1-2で最終回。チャンスを作りますが、ギャレットの併殺で終戦…。

 

さて帰りますか。

と翌日の試合のシート貼りを終え、試合終了してから30分以上も経ってからタクシー乗り場に向かうも長蛇の列…。

それもタクシーいないし。

タクシーは諦めて、バス乗り場に行くもこちらも長蛇の列。

我慢強く並ぶも、全身ズブ濡れに冷たい北風が突き刺さり寒いのなんの (つД`)

ようやくバスが来ても満員。周辺は大渋滞。秋田市内に戻るのに一体どれだけ掛かるのやら。

やっぱり座って行きたいので、目の前のバスを見送ろうとしたら、バス会社の係員が「もうバスが来ない可能性もあります。このバスに乗らないと、来ても次は1時間後かもしれません」とのアナウンス。

ここで朝を迎えたら凍死確実ですが、まだバスに乗れない人、タクシー待ちの長蛇の列もあったので、次に来ることを願い、ひたすらバスを待ちます。

凍えながら15分後。ようやくバスが来た。

国道に出るまで渋滞もありましたが、試合終了後90分後にホテルに戻れました (´・ω・`)

 

23時を過ぎてますが、とりあえず夕飯へ。

 

34   

ホテルから近かった『秋田杉』という居酒屋へ。

お客さんはスワローズファンとジャイアンツファンの遠征組だらけ。

 

35   

明日の勝利を願って完敗乾杯♪

 

36   

A5ランクの秋田牛を堪能して、この日も肉祭りとなりました (´∀`)

 

37    

お疲れ!ヤス!

お疲れ!命の危険を感じたオレ!

 

 

■2016年セントラルリーグ公式戦<こまちスタジアム>

 東京ヤクルトスワローズ 2-1 読売ジャイアンツ(試合時間:2時間55分)

 勝 るーき 

 S  アキヨシ

 負 宮國 3勝 1敗 0S

 本塁打 

 

 

 

 

 

 

|

2016年7月10日 (日)

2016 スワローズ-ジャイアンツ 13回戦 こまちスタジアム~その1

前日の敗戦で心のダメージが癒されないうちに始発電車で向かったのは東京国際空港(羽田)。
そう、翌日から秋田県立野球場(こまちスタジアム)で開催される東京ヤクルトスワローズ戦の遠征。
ある計画のために前乗りしちゃいました。
 
 
 
 
■7月1日(金)

 

01_2   

午前6時の羽田空港は人もまばら。

サクララウンジで朝食を済ませたら、秋田空港に飛びます!

 

02_2    

03_2    

◆羽田(HND)-秋田(AXT) JL161 ボーイング737-800(JA332J)

 

この機材は、3年前に東京ディズニーリゾート30周年特別塗装機「JALハピネスエクスプレス」に使用されたものでした。

 

搭乗前、24番ゲートから外を見てみると

 

04_2   

見事な構図!

ただ、スカイマークが邪魔です (゚Д゚)

ANAの政治的な汚い息の掛かったスカイマークがいなければ、最高の絵になったんですけどね。

 

と思いながら搭乗したら

 

05_2   

見事な絵となりました (´ー`)

もうすぐ七夕。

「この世から一刻も早くANA・中日ドラゴンズ・清水エスパルスがいなくなりますように」と短冊に書きたいと思います。

 

06_2   

たった45分の空の旅。

 

07_2    

秋田空港でレンタカーを借り、トコトン北上してみました。

実は秋田県へは初めての訪問なのです。

これで47都道府県中、46都道府県に行ったことになります。

 

08_2    

目的は北上ですが、道の駅みねやまに隣接する『ポンポコ山公園』で休憩。

休憩といっても、山を登ったら休憩にならなかったのですが…。

 

09_2   

八森いさりび温泉ハタハタ館にある『れすとらん いさりび』で昼食。

このレストラン。外からだと食事ができるのか不明瞭。恐る恐る近づいてみたら、普通のレストランでした。

もっと外にのぼり旗を出すとか、すればいいのに。

で、注文したのは「いさりび定食」。これで1,080円

もちろん超美味!超満足!

東京だと1,500円以上はするような豪華な内容でした。

 

ハタハタ館から走ること5分。

ついに…

 

10_2   

青森県!

 

11_2   

ついに47都道府県制覇です! (≧∇≦)(≧∇≦)

秋田も青森も上空なら何度も通過しているんですけど、地上は初。

これで目的達成。ここでUターンして秋田市内に戻りました。

 

12_2    

13_2   

シート貼り解禁時間にこまちスタジアムへ行って、シート貼り完了。

心配なのは天候だけですね。

 

14_2   

川反にあるホテルにチェックインして一休み。

 

15_2   

夕飯は『肉バル NORICHANG』で。

昼は海鮮ものだったため、秋田の旨い肉をたらふく食べたくなり、検索したら感じの良いこちらが気になりました。

人気店みたいなので即予約。

 

16_2   

47都道府県制覇と明日の勝利に完敗♪

 

17    

ポテトサラダ (´∀`)

 

18    

かづの短角牛 (*´Д`)

 

安くて旨い肉祭りで秋田の夜は更けて行く…

 

 

2016 スワローズ-ジャイアンツ 13回戦 こまちスタジアム~その2につづく

 

 

 

 

|

その他のカテゴリー

HARD OFF ECOスタジアム新潟 KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎 Mazda Zoom-Zoomスタジアム広島(マツダスタジアム) QVCマリンフィールド ZOZOマリンスタジアム 【ジュビロを忘れる旅】 こまちスタジアム ひたちなか市民球場 グアム ジュビロ磐田 ジュビロ磐田(2007リーグ戦) ジュビロ磐田(2008J1・J2入れ替え戦) ジュビロ磐田(2008ナビスコ) ジュビロ磐田(2008リーグ戦) ジュビロ磐田(2009ナビスコ) ジュビロ磐田(2009リーグ戦) ジュビロ磐田(2010ナビスコ) ジュビロ磐田(2010リーグ戦) ジュビロ磐田(2011ナビスコ) ジュビロ磐田(2011リーグ戦) ジュビロ磐田(2012ナビスコ) ジュビロ磐田(2012リーグ戦) ジュビロ磐田(2013ナビスコ) ジュビロ磐田(2013リーグ戦) ジュビロ磐田(2014 J1昇格プレーオフ) ジュビロ磐田(2014リーグ戦) ジュビロ磐田(2015リーグ戦) ジュビロ磐田(2016ナビスコ) ジュビロ磐田(2016リーグ戦) ジュビロ磐田(2017リーグ戦) ジュビロ磐田(2018リーグ戦) ジュビロ磐田(2018J1参入プレーオフ) ジュビロ磐田(全般) ナゴヤドーム ハワイ プロ野球 ランニング・マラソン 京セラドーム大阪 台湾 宇都宮清原球場 山日YBS球場 日本代表 日本製紙クリネックススタジアム宮城(Kスタ宮城) 日記・コラム・つぶやき 札幌ドーム 東京ドーム 横浜スタジアム 沖縄セルラースタジアム那覇 神宮球場 福岡ヤフオク!ドーム 第87回天皇杯全日本サッカー選手権 第88回天皇杯全日本サッカー選手権 第89回天皇杯全日本サッカー選手権_ 第90回天皇杯全日本サッカー選手権__ 第92回天皇杯全日本サッカー選手権 第97回天皇杯全日本サッカー選手権 読売ジャイアンツ 読売ジャイアンツ球場 阪神甲子園球場 静岡草薙球場 韓国 JAL修行