ナゴヤドーム

2017年12月30日 (土)

【ジュビロを忘れる?】2017年のまとめ(その2~読売ジャイアンツ篇)

2017年振り返りの第2弾は、読売ジャイアンツの2017年観戦まとめです。

2017年は高橋由伸監督2年目の采配でしたが、開幕5連勝を飾り”今年こそは”と期待が大きいシーズンスタートも球団ワースト記録となる13連敗も喫し、結局Bクラスに沈む、超最悪な2017年でした (´・ω・`)

 

 

【オープン戦】 0勝2敗

  2月25日(土) 横浜DeNAベイスターズ(沖縄セルラースタジアム那覇) ● 3-5

  2月26日(日) 千葉ロッテマリーンズ(沖縄セルラースタジアム那覇) ● 2-6

 

【リーグ戦】 15勝19敗1分

   3月31日(金) 中日ドラゴンズ(東京ドーム) ○ 6-2

   4月1日(土) 中日ドラゴンズ(東京ドーム) ○ 4×-2

  4月4日(火) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ○ 5-2

  4月5日(水) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ○ 4-2

  4月7日(水) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ● 2-4

  4月8日(土) 阪神タイガース(阪神甲子園球場) 雨天中止

  4月9日(土) 阪神タイガース(阪神甲子園球場) ● 3-4

  4月11日(火) 広島東洋カープ(東京ドーム) ● 6-9

  4月13日(木) 広島東洋カープ(東京ドーム) ● 5-11

  4月15日(土) 中日ドラゴンズ(ナゴヤドーム) ○ 6-2

  4月28日(金) 東京ヤクルトスワローズ(明治神宮野球場) ○ 7-0

  5月4日(木) 横浜DeNAベイスターズ(東京ドーム) ● 2-5

  5月10日(水) 阪神タイガース(東京ドーム) ○ 9-7

  5月27日(土) 広島東洋カープ(東京ドーム) ● 0-9

  6月2日(金) オリックスバファローズ(東京ドーム) ● 5-6

  6月4日(日) オリックスバファローズ(東京ドーム) ● 1-3

  6月10日(土) 北海道日本ハムファイターズ(札幌ドーム) ● 2-3

  6月11日(日) 北海道日本ハムファイターズ(札幌ドーム) ● 1-5

  6月14日(水) 福岡ソフトバンクホークス(東京ドーム) 〇 3-0

  6月15日(木) 福岡ソフトバンクホークス(東京ドーム) ● 3-7

  6月23日(金) 中日ドラゴンズ(東京ドーム) ●0-1

  6月30日(金) 横浜DeNAベイスターズ(宇都宮清原球場) ● 1-3

  7月11日(火) 東京ヤクルトスワローズ(東京ドーム) ○ 2-0

  7月21日(金) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) △ 3-3

  7月23日(日) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ● 6-×8

  8月1日(火) 東京ヤクルトスワローズ静岡県草薙総合運動場硬式野球場) ○ 10-3

  8月4日(金) 中日ドラゴンズ東京ドーム) ● 5-6

  8月10日(木) 阪神タイガース(東京ドーム) ○ 5-2

  8月18日(金) 横浜DeNAベイスターズ(東京ドーム) 〇 9×-7

  9月10日(日) 東京ヤクルトスワローズ(東京ドーム) ○ 6-1

  9月16日(土) 横浜DeNAベイスターズ(東京ドーム) ● 0-1

  9月23日(土) 広島東洋カープ(MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島) ● 2-3

  9月26日(火) 東京ヤクルトスワローズ(東京ドーム) ○ 3-0

  9月30日(土) 阪神タイガース(東京ドーム) ● 1-5

  10月1日(日) 阪神タイガース(東京ドーム) ● 4-5

  10月3日(火) 東京ヤクルトスワローズ(明治神宮野球場) ○ 10-6

 

=番外編=

*WBC1次ラウンド 日本代表-中国代表(東京ドーム) 〇7-1

*アジアプロ野球CS 日本代表-台湾代表(東京ドーム) 〇8-2

*アジアプロ野球CS決勝 日本代表-韓国代表 (東京ドーム) 〇7-0

*イースタンリーグ公式戦  千葉ロッテマリーンズ(読売ジャイアンツ球場) ● 1-2

ファーム日本選手権 広島東洋カープ(KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎)● 2-5

 

 

ジャイアンツは、年間37試合(オープン戦2試合)観に行った2017年でした。

番外編としては、侍ジャパン3試合とファーム関連で2試合の観戦となりました。

 

陽岱鋼、山口俊、森福とFAで3選手、吉川光やマギーなどの新戦力を擁して、ヨシノブ監督2年目の采配に注目しましたが、山口俊はアレだったり、13連敗だったり、結局はベテラン頼みとなり、4位と久しぶりのBクラスで幕を閉じました。

 

110

 

 

今年のスタートは、例年と違い、那覇のオープン戦の1週間前に那覇キャンプ見学から。

 

1000
    

その翌週にもまた沖縄に行き、オープン戦を2試合観戦。

 

1011
    

101
   

今年も開幕戦からしっかり観戦でき、2戦目の慎之助の逆転サヨナラホームランに涙したり、ホークス戦では山口俊の初勝利がノーヒットノーランリレーでの勝利、突如彗星の如く現れた宇佐見のサヨナラホームランだったり、菅野・マイコラス・田口の3本柱の活躍など今年も思い出深い試合が多くありました。

その中でも

 

109    

中井のチーム10000号が一番の驚きでした(笑)

 

地方球場は

 

106
    

宇都宮清原球場に初遠征。

 

107
    

ゲンのいい、静岡草薙球場には出張先の岩手県から直接向かったりもしました。

 

102
             

103
     

ビジターのゲームでは甲子園球場では雨天中止にもなり…。

 

104
     

105
    

108
    

ハマスタ、神宮以外にもナゴドや札幌ドーム、マツダスタジアムに行きました。

慎之助の2000安打はマツダスタジアムでしたが、こちらは現地に行けなかったのが残念ではありましたが、久しぶりの生え抜き選手の名球会入りが嬉しい年となりました。

 

111
     

また、番外編になりますが、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で行われたプロ野球ファーム日本選手権に参戦。

 

112
    

松本哲也の最後の雄姿を目に焼き付けました。

 

来年は、村田修一を自由契約にしてまで若返りを図ろうとしているジャイアンツ。

岡本、吉川尚、山本など期待の選手は多数います。

どんな結果になるかは、全く予想できない年となりそうですが、全国各地で…

 

01
    

02
 

03
    

04
    

05
    

06
    

07
    

08_2
     

09
    

10
     

11
      

12
    

13
   

14
    

15
    

16

オレンジタオルをブンブン振り回したいと思います (≧∇≦)

 

 

100
    

Let's Go!GIANTS!

 

 

 

 

|

2017年4月16日 (日)

2017 ドラゴンズ‐ジャイアンツ 5回戦 ナゴヤドーム

開幕から5連勝したと思ったら、甲子園での1勝を挟んで、その後5連敗中のジャイアンツ。
 
こちらも観戦4連敗中で自分が疫病神なのか!?と自信を失いながらナゴヤドームに遠征してみました。
 
 
 
■4月15日(土)

 

 

01      

02     

さすがに名古屋までは、東京国際空港(羽田)-中部国際空港(セントレア)使わずに新幹線で移動。

ただし、JR東海ツアーズの「1day名古屋」を利用したため、設定された時間帯が早朝しかないのでした。

こう考えると、羽田-セントレアがJALのウルトラ先得なら7,400円なので飛行機利用の方がよかったかも。

 

03     

7時半に名古屋駅到着だったので、駅周辺とイオンで時間を潰してナゴヤドームへ。

 

04     

前日は延長12回サヨナラ負けを喰らった中日ドラゴンズとの対戦。

 

05     

スタメンは絶不調の長野さんをついに外して亀井、そして岡本でも重信でもなく「小っちゃいペンギン見いひんかった?」の石川がレフトに入りました。

 

06     

ビジター外野応援席から全力応援!

 

試合は初回から動きます。

先頭の中井が四球で出塁し、一死後に坂本がヒットで一死一、三塁。阿部は倒れますが…

 

07      

マギぃぃぃ (≧∇≦) 先制タイムリーヒットVIVA!

 

08     

状態が上がってきたマギーの先制打で幸先の良いスタートです♪

 

09     

先発はオープン戦からずっと不調の田口。

初回、2回ともにランナーを出すも何とか凌ぎましたが、3回は満塁でタイムリーを打たれて1-2と逆転されてしまいます。

まさかの6連敗?

 

10    

なあジャビットよ、チアドラゴンズと鼻の下伸ばしてないでジャイアンツを救ってくれ (;・∀・)

 

そんな願いが通じたのか、6回のジャイアンツの攻撃。

先頭の坂本が今季初猛打賞となるこの日3本目のヒットで出塁。阿部も連打でつづいて無死一、二塁。

ここで好調の…

 

11       

またまたマギぃぃぃ (≧∇≦) 同点フェン直ツーベースVIVA!!

 

12     

連敗ストップへ!2-2の同点となりました♪

 

さらに、亀井の打席の時に…

 

13    

ワカマツ暴投 (゚∀゚) ドラゴンボールVIVA!!!  

 

14    

さすがドラゴンズ。楽に勝ち越しさせてくれました (´∀`)

 

さらに一死後…

 

15      

ペンギン石川ぁぁぁ (≧∇≦) 移籍後初打点タイムリーVIVA!!!!

 

16     

石川のジャイアンツ初タイムリーで4-2♪

 

17     

6回からは山口鉄。2試合連続となる三凡の完璧ピッチング!

 

7回のジャイアンツの攻撃。

一死後、中井がヒットで出塁。立岡は二塁打で一死二、三塁のチャンス到来!

ここですでに猛打賞の坂本が…

 

18      

勇人ぉぉぉ (≧∇≦) この日4安打目のタイムリーVIVA!!!!!

 

19_2     

キャプテソの活躍で5-2♪

 

さらに…

 

20      

慎之助ぇぇぇ (≧∇≦) タイムリーヒットVIVA!!!!!!

 

21      

今季、全試合出塁している阿部のタイムリーでダメ押しとなる6点目♪

 

22      

7回は前夜サヨナラ敗戦投手の宮國。ヒットを1本打たれるも無失点。

 

23     

8回は2試合連続で試合をぶち壊している森福。この日は完璧な三凡。

 

24     

9回はいま最も安定してるピッチャーのマシソン。

最後はゲッツーで締めて

 

25       

26     

ついに連敗脱出

 

27     

ヒロインはもちろんマギー (´ー`)

 

28      

29      

二次会を堪能して

 

30      

31      

名古屋駅前で三次会を堪能♪

 

32        

33      

お疲れ!4連敗でストップしたオレ!

 

 

■2017年セントラルリーグ公式戦<阪神甲子園球場>

 中日ドラゴンズ 2-6 読売ジャイアンツ (試合時間:3時間18分)

 勝 田口 1勝 0敗 0S

 S 

 負 わかまつ

 本塁打     

 

 

 

 

|

2015年12月26日 (土)

【ジュビロを忘れる?】2015年のまとめ(その2~読売ジャイアンツ篇)

2015年振り返りの第2弾は、読売ジャイアンツの2015年観戦まとめです。

2015年はシーズン前には勝手に4連覇を確信していましたが、まさかここまで打てないなんて。

ま、オープン戦ですでにそのような予感はしていたのですがね。

 

 

【オープン戦】 1勝4敗

  2月21日(土) 広島東洋カープ(沖縄セルラースタジアム那覇) ○ 4-2

  2月22日(日) 東北楽天ゴールデンイーグルス(沖縄セルラースタジアム那覇) ● 1-3

  3月18日(水) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ● 4-6

  3月20日(金) 北海道日本ハムファイターズ(東京ドーム) ●3-9

  3月22日(日) 千葉ロッテマリーンズ(東京ドーム) ●1-6

 

【リーグ戦】 26勝18敗1分

   3月27日(金) 横浜DeNAベイスターズ(東京ドーム) ○ 3-2

  3月29日(日) 横浜DeNAベイスターズ(東京ドーム) ○ 11-3

  4月10日(金) 東京ヤクルトスワローズ(東京ドーム) ●2-3

  4月11日(土) 東京ヤクルトスワローズ(東京ドーム) ○2-1

  4月14日(火) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) 雨天中止

  4月15日(水) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ○3-0

  4月16日(木) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ○7-1

  4月17日(金) 阪神タイガース(甲子園球場) ○3-2

  4月18日(土) 阪神タイガース(甲子園球場) ●1-2

  4月28日(火) 中日ドラゴンズ(東京ドーム) ○4-1

  4月30日(木) 中日ドラゴンズ(東京ドーム) ○5-3

  5月7日(金) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ●5-6

  5月8日(土) 横浜DeNAベイスターズ(HARD OFF ECOスタジアム新潟) ○2-1

  5月9日(日) 横浜DeNAベイスターズ(HARD OFF ECOスタジアム新潟) ●2-3

  5月12日(火) 広島東洋カープ(東京ドーム) ○2-1

  5月15日(金) 東京ヤクルトスワローズ(東京ドーム) ○2-1

  5月17日(日) 東京ヤクルトスワローズ(東京ドーム) ●0-2

  5月28日(木) 埼玉西武ライオンズ(東京ドーム) ○4-1

  6月3日(水) オリックスバファローズ(東京ドーム) ○2×-1

  6月4日(木) オリックスバファローズ(東京ドーム) ○1-0

  6月7日(日) 福岡ソフトバンクホークス(東京ドーム) ●2-5

  6月13日(土) 千葉ロッテマリーンズ(QVCマリンフィールド) ●1-3

  6月20日(土) 中日ドラゴンズ(東京ドーム) ○7-1

  6月23日(火) 横浜DeNAベイスターズ(東京ドーム) ●2-7

  6月28日(金) 東京ヤクルトスワローズ(静岡草薙球場) 雨天中止

  6月29日(土) 東京ヤクルトスワローズ(静岡草薙球場) ○1-0

  7月2日(木) 広島東洋カープ(東京ドーム) ●2-3

  7月4日(土) 中日ドラゴンズ(ナゴヤドーム) △3-3

  7月5日(日) 中日ドラゴンズ(ナゴヤドーム) ○2-0

  7月13日(月) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ●4-7

  7月14日(火) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ●3-10

  7月15日(火) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ●2-×3

  8月1日(土) 中日ドラゴンズ(東京ドーム) ○5×-4

  8月8日(土) 広島東洋カープ(東京ドーム) ●1-2

  8月9日(日) 広島東洋カープ(東京ドーム) ●1-6

  8月21日(金) 広島東洋カープ(マツダスタジアム) ○4-3

  8月22日(土) 広島東洋カープ(マツダスタジアム) ●1-2

  8月29日(土) 中日ドラゴンズ(東京ドーム) ○3-0

  8月30日(日) 中日ドラゴンズ(東京ドーム) ○9-5

  9月4日(金) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ○8-7

  9月5日(土) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ●5-6

  9月6日(日) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) 雨天中止

  9月18日(金) 東京ヤクルトスワローズ(神宮球場) ○6-3

  9月19日(土) 東京ヤクルトスワローズ(神宮球場) ●4-10

  9月24日(木) 広島東洋カープ(東京ドーム) ○2-0

  9月26日(土) 東京ヤクルトスワローズ(東京ドーム) ○4-3

  9月27日(日) 東京ヤクルトスワローズ(東京ドーム) ●1-2

  10月1日(木) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) 雨天中止

  10月2日(金) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ○4-1

 

 

【クライマックスシリーズ・ファーストステージ】 1勝1敗

  10月10日(土) 第1戦 阪神タイガース(東京ドーム) ○3×-2

  10月11日(土) 第2戦 阪神タイガース(東京ドーム) ●2-4

 

 

【クライマックスシリーズ・ファイナルステージ】 1勝3敗

  10月14日(水) 第1戦 東京ヤクルトスワローズ(神宮球場) ○4-1

  10月15日(木) 第2戦 東京ヤクルトスワローズ(神宮球場) ●0-4

  10月16日(金) 第3戦 東京ヤクルトスワローズ(神宮球場) ●0-4

  10月17日(土) 第4戦 東京ヤクルトスワローズ(神宮球場) ●2-3

 

 

年間56試合観に行った2015年でした。

4連覇したかったのですが、最後は残念な結果に。

でも、こうやって振り返ってみると「ああ、そうそう、こんな試合だった」とか「この点差を逆転したんだ!?」なんて試合の内容を忘れていたり。

 

 

00    

13  

今年は東京ドームでの公式戦を開幕戦から参戦できまして

 

14  

1試合はエキサイトシートで観戦しましたが、その他の試合は全試合とも外野席での観戦 (´ー`)

(オレンジシート・レフト巨人応援席含む)

 

そして、ビジターも横浜スタジアム、明治神宮野球場、ナゴヤドーム、阪神甲子園球場、マツダスタジアム、QVCマリンフィールド、HARD OFF ECOスタジアム新潟、静岡草薙球場に参戦。

ビジターでも思い出深い試合が多くなりました。

中でも、今年一番の思い出となる試合は

 

11  

8月21日のカープ戦でしょう。

試合終了が午前0時21分という歴代2位となる試合時間です。

深夜の広島の街に響きわたるVIVA GIANTSは一生忘れないでしょう。

 

 

そして、なぜか今年のハマスタは雨が多く

 

12  

3試合も中止になってしまいました。

10月1日の試合が開催されていれば「ベイスターズ主催のジャイアンツ戦は全部行く!」の目標が達成できたのですが、この試合の振替日は出張だったため、2年連続で『1試合だけ』観戦することができず…。

もう、この目標を掲げるのは止めにします。来年は地方開催ないし。

 

 

そして、大きな出来事としては、長きにわたりジャイアンツの黄金時代を築いた原辰徳監督が退任。電撃的に高橋由伸監督が誕生しました。

期待と不安が入り交じる来季ですが、来年も何度も何度も

 

01   

02   

03  

04   

05   

06   

07   

08   

09   

10   

オレンジタオルを振り回したいと思います (≧∇≦)

 

 

15  

Let's Go!GIANTS!

 

 

 

 

|

2015年7月 7日 (火)

2015 ドラゴンズ-ジャイアンツ 14回戦 ナゴヤドーム

前夜の4時間37分と言う超ロング試合の疲れで泥のように眠り、少しだけ体力が回復した名古屋遠征。

2連戦の2試合に行ってみましょう。

 

   

■7月5日(日)

 

 

01_2   

おはようございます。って時間じゃないですけど、ナゴドです。

 

02_2   

ジャイアンツ的にも自分的にも、どうしても勝ちたいこの試合の先発は菅野です。

 

03_2   

お前さん、何してるの? (´∀`)

 

04_2   

「さあ?」って (´∀`)

 

05_2   

06_2   

ビジター外野応援席から全力応援!

 

07_2   

菅野の初回は38球、25分も掛かる、恐ろしい立ち上がり。

でも結果は1安打、2四球、2盗塁されるも無失点!

 

打線は4回まで相変わらずのチグハグで、この日も「ダメかぁ」と思わせた5回に

 

08_2   

SEKAI NO KAMEI (≧∇≦) ソロホームランVIVA!

 

09_2   

均衡を破るナゴドで初となる亀井のホームランでした♪

 

そして7回。

 

10_2    

SEKAI NO KAMEI (≧∇≦) 2打席連続弾VIVA!!

 

11_2   

もう絶叫ものの亀井、いや、亀様の貴重な中押し弾でした♪

 

これ以外の打線は、亀井が猛打賞。村田がマルチぐらいですかね見どころは。

 

そして菅野。

初回は守備時間が25分でしたが、報知によると2回以降3、4、4、10、6、5、4、4分だったとか。

初回38球を要した球数も2回以降は86球!

 

12_2    

そんな菅野の修正能力を見せつけて

 

13_2   

2-0の完封勝ち

 

14_2   

ヒロインは亀様と

 

15_2  

ジャビット (´∀`)

 

 

自分的にもどうしても勝ちたかった、その理由。

 

名古屋で初勝利♪

 

名古屋ってナゴドだけじゃないですよ。

ナゴヤ球場への遠征も含めて、初勝利なんです (;・∀・)

 

16_2   

嬉しい嬉しい2次会を堪能して

 

17_2   

イベントがあるらしいので、しばし席で待つと

 

18_2   

照明が消えて

 

19_2   

お?

 

20_2   

屋根が…

 

21_2   

開きました!

正確には屋根の下の幕の部分が開いたのですが、ナゴドがこのような構造になっているとは、この日初めて知りました。

 

22_2   

少しずつ閉まって行ったと思ったら

 

23   

かたつむり (≧∇≦)

粋な演出でした。

 

24   

名古屋駅に戻ったら

 

25  

山本屋本店』で味噌煮込みうどんを堪能。

味噌煮込みうどんを食べるたのは、この時以来。15年ぶり(笑)

 

そんなこんなの名古屋遠征でした。

 

26   

超お疲れ!オレ!

 

 

■2015年セントラルリーグ公式戦<ナゴヤドーム>

 中日ドラゴンズ 0-2 読売ジャイアンツ(試合時間:3時間1分)

 勝 菅野 7勝 6敗 0S

 S 

 負 山井

 本塁打 亀井4号、亀井5号

 

 

 

 

|

2015年7月 6日 (月)

2015 ドラゴンズ-ジャイアンツ 13回戦 ナゴヤドーム

いや~ホント弱いですね。

逆にこの貧打っぷりがどこまでつづくのか興味が湧いてきました。ってことで名古屋遠征に行ってきました。

 

   

■7月4日(土)

 

 

01      

新横浜から「のぞみ」に乗車。

先週の静岡草薙遠征では「こだま」を使ったので、のぞみのオラオラっぷりに感動しながら

 

02    

駅弁で体力チャージすれば、あっと言う間に

 

03   

雨に煙るナゴヤドームに到着です。

 

04   

約1年ぶりのナゴド。

昨年は10失点で敗戦したり、大曽根の居酒屋に入るも注文した品がまったく出てこない敗戦を喫したりと最悪な名古屋遠征でした。

 

そんな悪夢を払拭すべく、貧打だろうが4番が打てなかろうが、村田さんがチャンスに弱かろうが、勝てば官軍なんです。

 

05   

先発はマイコラス。

現在、最も頼れるピッチャー。これは期待大。

 

06   

ビジター外野応援席から全力応援!

 

貧打ジャイアツ打線は初回に珍しく2安打するものの、無得点に終わります。

 

07   

マイコラスは立ち上がりから不安要素いっぱいのピッチング。

初回は二死、一塁・二塁にされますが何とか乗り切って、2回もランナーを出すも後続を断って0-0のまま3回へ。

 

先頭バッターはマイコラス。ここでマイコラスが来日初ヒットで出塁し、一死後に

 

08   

タテオカ (≧∇≦) タイムリースリーベースVIVA!

 

09   

マイコラスが還り、先制♪

そして!

 

10    

ハヤト (≧∇≦) 連続タイムリーVIVA!!

 

11   

ここ数試合、観ることのなかった連打で2-0とします (´Д`*)

 

よし!今日はイケる!

ハズもなく、その裏に3失点して2-3となってしまいました (;゚д゚) ・・・

 

でも、この日のジャイアンツは一味違いました。

逆転された直後の4回。先頭の村田が四球、井端も四球、相川も四球で無死満塁。
ここでマイコラスが

 

12   

舞妓Haaaan!!! (≧∇≦) タイムリーVIVA!!!      

 

13   

同点となりました♪

まだ無死満塁!

でも、この日のジャイアンツはいつもと同じでした。

だって、長野が三塁併殺打となって二死二、三塁。立岡は四球で出て再び満塁にするも坂本がフライで倒れて追加点ナシ。

とどめを刺せないジャイアンツ健在。

 

14

 

5回からは…

阿部、亀井は空振り三振。村田は三塁ライナー。井端は四球。無死一塁。相川は右翼フライ。マイコラスは空振り三振。長野は遊撃ライナー。立岡は遊撃内野安打。無死一塁。坂本は二塁併殺打。阿部は二塁ゴロ。亀井は左翼フライ。村田は中堅フライ。井端は遊撃内野安打。二死一塁。相川の投ゴロを又吉が悪送球。二死一、三塁。山口の代打・堂上の打席で相川が二盗。二死二、三塁。堂上は空振り三振。長野は右翼ファウルフライ。立岡は遊撃ゴロ失策。一死一塁。坂本は三塁併殺打

で9回の攻撃が終了します。

 

3失点後、7回途中までマイコラスが無失点に抑えて

 

15   

山口が7回を締めて

 

16    

8・9回はマシソンが完璧なピッチングを見せました。

 

18       

17  

ついに延長戦突入。

駅弁以来、(お酒以外)何も口にしていないので、そろそろお腹が空いてきましたよ。

 

10回→阿部は空振り三振。亀井は二塁フライ。村田は二塁ゴロ

11回→井端は投ゴロ。相川は右翼フライ。大田は四球。二死一塁。松本哲は左翼にヒット。二死一、二塁。立岡は四球。二死満塁。坂本は二塁ゴロ

12回→澤村の代打・中井は空振り三振。亀井は中堅フライ。村田は二塁フライ

 

19   

はい、勝ちがなくなりました (つД`)

 

投手陣は、10回・11回に投げた澤村がいつも通りのハラドキピッチングでしたが、無失点に抑えて、12回は

 

20   

戸根と宮國が抑えて、今季初の引き分けとなりました。

 

試合時間は4時間37分 (;・∀・)

 

【参考】

2015年6月4日 オリックス戦  試合時間:2時間20分 先発:マイコラス

2015年6月27日 ヤクルト戦  試合時間:2時間15分 先発:マイコラス

                2試合の合計:4時間35分

 

 

21   

栄の『 』で

 

22   

お疲れ!オレ!

ココのお店、料理がとても美味しかったから4時間37分の疲れが吹っ飛んだ (´∀`)

 

 

■2015年セントラルリーグ公式戦<ナゴヤドーム>

 中日ドラゴンズ 3-3 読売ジャイアンツ(試合時間:4時間37分)

 勝 ‐--

 S 

 負 ‐--

 本塁打

|

2015年1月 4日 (日)

【ジュビロを忘れる?】2014年のまとめ(その2~読売ジャイアンツ篇)

2014年振り返りの第2弾は、読売ジャイアンツの2014年観戦まとめです。

 

【オープン戦】 1勝1敗

  2月22日(土) 横浜DeNAベイスターズ(沖縄セルラースタジアム那覇) ● 2-10

  2月23日(日) 東北楽天イーグルス(沖縄セルラースタジアム那覇) ○ 3×-2

 

【リーグ戦】 22勝18敗1分

   4月1日(火) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ○ 2-1

  4月2日(水) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ○ 15-9

  4月3日(木) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) 雨天中止

   4月10日(火) 広島東洋カープ(東京ドーム) ○ 4-2

  4月16日(木) 東京ヤクルトスワローズ(神宮球場) ○ 9-8

  4月18日(金) 中日ドラゴンズ(東京ドーム) ○ 5-2

  4月19日(土) 中日ドラゴンズ(東京ドーム) ● 2-7

  4月26日(土) 広島東洋カープ(マツダスタジアム) ○ 11-5

  4月27日(日) 広島東洋カープ(マツダスタジアム) ● 0-×3

  5月1日(木)  東京ヤクルトスワローズ(東京ドーム) ○ 4-2

  5月7日(水)  横浜DeNAベイスターズ(東京ドーム) ○10-2

  5月8日(木)  横浜DeNAベイスターズ(東京ドーム) ● 6-7

  5月16日(金) 広島東洋カープ(東京ドーム) ● 2-7

  5月18日(日) 広島東洋カープ(東京ドーム) ● 3-10

  6月1日(日)  オリックスバファローズ(京セラドーム大阪) ○ 2-1

  6月6日(金)  埼玉西武ライオンズ(東京ドーム) ○ 2×-1

  6月17日(火) オリックスバファローズ(東京ドーム) ○ 8-0

  6月21日(土) 福岡ソフトバンクホークス(東京ドーム) ● 1-3

  7月5日(土)  中日ドラゴンズ(東京ドーム) ○ 7×-6

  7月8日(火) 横浜DeNAベイスターズ(沖縄セルラースタジアム那覇) 台風中止

  7月9日(水) 横浜DeNAベイスターズ(沖縄セルラースタジアム那覇) ● 0-3

  7月16日(水) 東京ヤクルトスワローズ(東京ドーム) ○ 5-2

  7月25日(金) 中日ドラゴンズ(ナゴヤドーム) ● 0-10

  7月26日(土) 中日ドラゴンズ(ナゴヤドーム) ● 5-7

  8月1日(金)  広島東洋カープ(東京ドーム) △ 2-2

  8月2日(土)  広島東洋カープ(東京ドーム) ○ 3-1

  8月5日(火)  横浜DeNAベイスターズ(HARD OFF ECOスタジアム新潟) ● 6-×7

  8月6日(水) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ● 2-6

  8月8日(金)  中日ドラゴンズ(東京ドーム) ○ 6-3

  8月22日(金) 中日ドラゴンズ(東京ドーム) ○ 4×-3

  8月29日(金)  横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ○ 3-0

  8月30日(土)  横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ● 4-×5

  8月31日(日)  横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ● 3-5

  9月5日(金)  東京ヤクルトスワローズ(神宮球場) ● 1-4

  9月6日(土)  東京ヤクルトスワローズ(神宮球場) ○ 5-2

  9月19日(金) 東京ヤクルトスワローズ(東京ドーム) ○ 6-3

  9月20日(土) 東京ヤクルトスワローズ(東京ドーム) ○ 4-2

  9月21日(日) 東京ヤクルトスワローズ(東京ドーム) ● 6-7

  9月26日(金) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ○ 6-3

  9月27日(土) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ● 5-7

  9月28日(日) 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム) ● 3-4

  10月3日(金) 横浜DeNAベイスターズ(東京ドーム) ● 3-6

  10月4日(土) 横浜DeNAベイスターズ(東京ドーム) ○ 4-0

 

【クライマックスシリーズ】 0勝4敗

  10月15日(水) 第1戦  阪神タイガース(東京ドーム) ● 1-4

  10月16日(木) 第2戦  阪神タイガース(東京ドーム) ● 2-5

  10月17日(金) 第3戦  阪神タイガース(東京ドーム) ● 2-4

  10月18日(土) 第4戦  阪神タイガース(東京ドーム) ● 4-8

 

 

と、まあ年間47試合と狂ったように試合を観に行った2014年でした。

もちろんその分、ジュビロさんの観戦が減ったわけです (´・ω・`)シカタナイヨネ

 

京セラ(台湾経由)やナゴド、HARD OFF ECO スタジアム新潟が初訪問のスタジアムでした。

また2014年は『ベイスターズ主催のジャイアンツ戦は全部行く!』と無駄に燃え、8月7日の試合のみ病欠しちゃいましたが、それ以外は観戦してみました。

その結果、予想以上にベイスターズに負ける試合を観ちゃいました。

 

それでも、横浜スタジアムと言えば

 

0926  

三連覇達成!のこの試合。

神奈川県民として、ハマスタで優勝を決められたことが嬉しかったです♪

 

その他の試合では

 

0223  

我が家の2月の恒例行事となりつつある、沖縄セルラースタジアム那覇でのオープン戦への参戦で、新規加入の井端のサヨナラヒットだったり

 

0709  

台風で飛行機が欠航になる中、苦労して行った沖縄セルラースタジアム那覇だったり

 

0426  

マツダスタジアムで大竹が先発した試合で勝利したり

 

0601  

初参戦の京セラドーム大阪で僅差の勝利に立ち会ったり

 

0822  

例年になく、東京ドームのライトスタンドで全力応援した2014年でした。

 

そんな2014年の一番の思い出試合は

 

0402  

10001  

4月2日のハマスタで、5点差を逆転し、結局15点取ったゲームでしょうね (´∀`)

 

今年も何度も何度も

 

0401  

0418  

0419  

0507  

0508   

0606  

0621  

0831  

0906  

0928  

オレンジタオルを振り回したいと思います (≧∇≦)

 

日本一奪回!

 

10000  

Let's Go!GIANTS!

 

 

 

 

|

2014年7月28日 (月)

2014 ドラゴンズ-ジャイアンツ 14回戦 ナゴヤドーム

前日につづき、ナゴヤドームに行ってきました。

 

    

■7月26日(土)

 

朝起きて、ホテルの部屋から外を眺める。

曇が多いながらも、暑そうです。

最高気温は、どれくらいになるんだろう。

 

( ゚д゚) ・・・

 

00  

あはは、36℃だってさ。

 

10時のチェックアウト後、観光の「か」の字もする気が起きず、ナゴヤドーム前矢田駅に直行。

 

01_2  

改札を出て、この遥か向こうにある出口まで歩きます。

この通路は、とても蒸し暑いんですよね・・・。

 

通路壁には、ドラゴンズの選手だったり歴史が紹介されているのですが、その中にドアラらさんコーナーがあるのですが、初代ドアラさんは・・・

 

02_2  

03_2  

誰? (´∀`)

 

04_2  

ようやく外に出たと思ってもこの長い通路を歩くのです。

 

開門まで時間があるので、通路途中にある『イオンモールナゴヤドーム前店』で一休み。

ついでに昼食を。

ナゴヤドームの食事事情は、東京ドームよりも最悪なので、イオンで旨いモノでも食べましょう。

 

05_2  

1階にある『金沢まいもん寿司』へ。

ウマ――♪ o(゚∀゚o) (o゚∀゚o) (o゚∀゚)o イヨ――♪

そりゃ、地で食べるのと比べると味は落ちますが、それでも十分に北陸の味を堪能できました♪

 

その後もイオン店内で買物したり、お茶したりで時刻はようやく13時。

開門時間になったので、ナゴヤドームに行きましょう。

 

06_2  

07_2  

 

この日の席は、レフトパノラマB。

この遠征はチケット発売日以降に決めたもので、その時点では、外野席が売り切れ。

前日と同じ席となる内野Bも検討しましたが、良席がなかったので最上階となるパノラマにしてみました。

 

08_2  

東京ドームで言う、C指定の最上段付近の外野版でしょうか。

 

09_2  

パノラマ席でパノラマ撮影したみたの図。

 

周辺は、やはりレフトスタンド上ですのでジャイアンツファンばかりですが、中にはドラゴンズファンもチラホラと。

1塁、ライト側も空席あるのに、わざわざレフトを取るドラゴンズファンって、どんだけM体質なんでしょうか?

 

10_2  

そんなドMは、放っておいて先発は内海です。

 

11_2  

12_2  

パノラマBから全力応援!

 

前日は無得点に終わったジャイアンツでいたが、この日は初回から片岡がヒットで出て、二盗成功。そして、ジャイアンツ打線では数少ない絶好調の亀井がタイムリーヒットで先制!

 

13_2  

盛り上がるパノラマのジャイアンツファン♪

 

14_2 

7月22日の甲子園2戦目以来の先制です。

 

よし行くぜ!と気合いを入れる1回裏。

内海がね。いつも通りの立ち上がりの悪さでね。さらに暴投までしちゃってね。

 

15  

あっさり同点に追いつかれました (つД`)

 

直後の2回。

先頭の坂本がヒット、つづく慎之助もヒットで一、三塁。ここで300号の呪縛・村田が犠牲フライでジャイアンツ勝ち越し♪

 

16_2  

盛り上がるパノラマのジャイアンツファン♪

 

17_2  

7月23日の甲子園3戦目以来の勝ち越しです。  

 

よし勝つぜ!と気合いを入れる2回裏。

内海がね。いつも通りの勝ち越した後もピリっとしないピッチングでね。

 

18_2  

あっさり同点に追いつかれました (つД`)

 

内海は、3回裏もピンチを作るも何とか凌いで4回の表。

こちらも数少ない打撃好調のレスリーがライトスタンドにソロホームラン!

 

19_2  

盛り上がるパノラマのジャイアンツファン♪

 

20_2 

2回追いつかれて突き離すのは、7月5日の東京ドーム以来です。

 

つづく5回。橋本がヒットで出ると片岡が送りバント。一死二塁で亀井がこの日2本目のタムリーで4-2!

 

21_2  

盛り上がるパノラマのジャイアンツファン♪

 

22  

もういつ以来だろうが、勝てばいいんだ!勝たせてくれぇぇ!

 

23  

4回、5回とほぼ無難なピッチングの内海は、勝ち投手の権利を携えて降板。

 

24  

残りは、仲間に託すだけ。

 

ええ、託すだけですよ。

 

251 

香月=ヒット→四球→送りバントの一死二、三塁で降板。

 

ええ、託すだけですよ。

 

252 

青木=二塁ゴロの間に4‐3。二死三塁で降板。

 

ええ、託すだけですよ。 

 

253  

西村=四球→四球→押し出し四球で同点→3点タイムリー二塁打で降板。

 

ええ、託す・・・。

 

254

見事な非逆転劇でございました (つД`)

 

 

反撃したいジャイアンツですが、最終回にツーアウトから長野のヒットとレスリーのヒットで一、二塁。坂本がタイムリーヒットで2点差

 

28  

意地のタイムリーで盛り上がるパノラマのジャイアンツファン♪

そして慎之助。一打同点の場面で代走・寺内と坂本がダブルスチール成功!

この日最も盛り上がる3塁側スタンド!

・・・でしたが慎之助は空振り三振でゲームセット。

 

29  

結局、5-7で敗戦です (つД`)

 

さて負け組は、帰りましょうってことで、新幹線まで時間があったのと、帰りの切符は、名古屋市内からの切符だったので「じゃあJR大曽根駅周辺で夕飯しよう」ってことで、大曽根まで歩いてみました。

約15分で大曽根駅周辺の飲み屋さんへ。

1軒目は満席だったので、目に留まった『やぶ屋 大曽根店』へ。

ここも賑わってます。

 

店内奥に案内されて、まずはファーストドリンクを注文。

お通しは「サービスコーナー」にあるので、セルフサービスで好きなだけ取ると言う珍しいシステムのようです。

お通しは安い材料を使った「春雨」「メンマ」「白身魚の揚げ物醤油味」の3種類。

味は、それなり。

 

30 

この遠征2回目の惜杯。

 

ここまでは普通。

ですが、居酒屋でファーストドリンクの後、少し経った頃に「ご注文は?」って来るのが、当たり前だと思うの。 (;゚д゚) ・・・

どうやら、この店はこちらから店員さんを呼ばないとダメなようです。

ま、全国にはファーストドリンクの注文すら取りに来ない居酒屋もありますから仕方なく、忙しそうな店員さんを呼び止めてこの日のオススメ「あさり焼き」と「串焼き6本」「赤味噌串かつ」を注文。

 

31  

この遠征で初めて食す名古屋らしいモノ。味はウマイです。

 

この辺りでビールが無くなり、2杯目が欲しくなるところ。

でも、数少ない店員さんが来ません。  

店員さんは忙しそうにほかのお客さんに料理を運ぶだけ。

もう、仕方ないなぁ。と厨房近くまで店員さんを呼びに行き、2杯目と「赤味噌キャベツ」を追加注文。

 

2杯目はすぐに出て来ましたが、居酒屋で2杯目を持って来た際に、1杯目のグラスや空いている皿を持って帰るのが、当たり前だと思うの。 (;゚д゚) ・・・

どうやら、この店はお皿をテーブルに溜めるのがルールのようです。

 

2杯目が出て来たのは、いいんだけど料理が「赤味噌串かつ」以外出て来ません。

 

31 

これだけで2杯目。2回目の登場「赤味噌串かつ」君 (´∀`)

こちら、11時に回転寿司食べて、攻撃時に大声で応援して、9時間経ったいま、その間に胃の中にいるのはナゴドの生ビールとここの生ビールと2杯目のレモンサワーだけです。

あ、ここのレモンサワー。メニューには、生絞りレモンサワーとなっていますが、レモンらしき物体は、ありません。

どうやら、生絞ってないレモンサワーの誤りだったようです。

 

 

そろそろ新幹線の時刻を気にしだす時間。

「赤味噌キャベツ」なんて2分で出来るだろうに・・・。

 

店内はそんなに混雑していなのに・・・。

厨房の人数が少なくて、料理に時間掛かるになら、注文取った店員さんが気にして厨房に聞くとか、「もう少し時間掛かります」とか言ってくれれば耐えられますが

 

入店して45分経過しますが、出された料理は・・・

 

31  

これだけ。3回目の登場「赤味噌串かつ」君 (´∀`)

 

それにしても店員さんがいないので、再び厨房付近まで行き、「新幹線の時間があるので、あと5分ぐらいで料理出ます?」と聞くと「無理ですねぇ」との回答。

 

残りは、全キャンセル決定。

 

ナゴヤドームに遠征される皆さん、大曽根駅の出入口1番の目の前にある『やぶ屋 大曽根店』に行かれる際は、時間(と心)に余裕を持って、更にお腹を満たしてから行かれた方が良いと思いますよ (´∀`)

これまで、ジュビロだったりジャイアンツだったり全国の遠征で色々な居酒屋に行っていますが、ここまでの居酒屋に出会ったのは、初めてですよ。 (;・∀・)

味は良い(コストパフォーマンスは別にして)ので、残念ですね。

味は良いって言っても、45分間で

 

31  

これだけしか食べていませんが。4回目の登場「赤味噌串かつ」君 (´∀`)

 

32  

名古屋駅のホームにある「立ちそば」ならぬ「立ちきしめん」で腹を満たしました。

冷やしきしめんを初めて食べましたが、ウマかったなぁ。

 

お疲れオレ!

 

31  

5回目の登場「赤味噌串かつ」君 もお疲れ!(´∀`)

 

 

■2014年セントラルリーグ公式戦<ナゴヤドーム>

 中日ドラゴンズ 7-5 読売ジャイアンツ(試合時間:3時間45分)

 勝 2013酷使タジマ

 S イワセ

 負 西村 1勝 3敗 5S

 本塁打 アンダーソン10号

 

 

 

 

|

2014年7月27日 (日)

2014 ドラゴンズ-ジャイアンツ 13回戦 ナゴヤドーム

後半戦の観戦初戦となるナゴヤドームに遠征してみました。

 

    

■7月25日(金)

 

金曜日ですが、会社に立ち寄らず

 

01  

新横浜駅の新幹線ホームへ。

 

02  

珍しく、飛行機に乗らない遠征です。

 

03  

本気で、羽田-中部を検討しましたが、帰りの時間が合わずにやむなく新幹線遠征にしてみました。

 

04  

ちょうど昼どきだったので、空弁ならぬ駅弁で腹を満たします。

肉・肉・肉ですが、これで暑さと中日をぶっ飛ばしましょう!

 

05  

見慣れた磐田市の風景。

遠くにヤマハ発動機の本社とヤマハスタジアムの照明灯が見えます。

最近、ご無沙汰しちゃって、ごめんなさいジュビロさん。

 

06  

あっと言う間に名古屋駅へ。

ホームに降り立った瞬間に、まとわり付く熱気。

 

名古屋駅から栄のホテルにチェックインして、いざナゴヤドームへ。

実は、ナゴヤドームって初めてなんです。

大昔、ナゴヤ球場へは2回程遠征したことがありますが、両方とも敗戦して、いい思い出のない場所。

瑞穂も豊スタもジュビロは、ほぼ勝てないスタジアムでしたので、愛知県って相性悪いかも (;・∀・)イマサラ・・・

 

しかし、暑い!

 

07  

ナゴヤドーム前矢田駅って言うもんだから、駅前にあるのかと思ったら、駅の改札口からかなり歩くんですね。

 

 

08  

この時期の野球観戦は、ドーム球場に限ります。

 

09  

先発は菅野。

これで、7月6日の那覇、16日の東京ドームと菅野のローテーションとともに観戦していることになりました (*´Д`)

 

10  

内野Bから全力応援!

ですが、ポールとCBCのカメラマンが超邪魔な席でした (#゚Д゚)

 

11  

はぁ・・・

初回、片岡のエラーが悪影響を及ぼしたのか、森野の3ランなどでいきなり失点。

ボルテージも上がらず、3塁側のテンションも下がる一方。

 

12  

こんなにジャイアンツファンが詰め掛けているのに・・・。

 

13  

14  

菅野は、自身ワーストの8失点で降板。

代わった今村も

 

16  

ツーラン打たれて0-10!

 

17  

もう、応援もヤケになるぐらいな展開です。

 

18   

19  

20

代わった江柄子は、7回8回を無失点に抑えて、奇跡を起こすハズの最終回もあっさり三者凡退に倒れて、0-10のクソ試合で終わりました (つД`)

 

もう、とっとと栄に戻って  

 

21  

惜杯を上げました。

お疲れオレ。

 

しかし、暑い名古屋なんですが・・・
   

071  

38℃って、そりゃ暑いわな。

 

 

■2014年セントラルリーグ公式戦<ナゴヤドーム>

 中日ドラゴンズ 10-0 読売ジャイアンツ(試合時間:2時間27分)

 勝 オオノ

 S 

 負 菅野 9勝 4敗 0S

 本塁打 

 

 

 

 

|

その他のカテゴリー

HARD OFF ECOスタジアム新潟 KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎 Mazda Zoom-Zoomスタジアム広島(マツダスタジアム) QVCマリンフィールド ZOZOマリンスタジアム 【ジュビロを忘れる旅】 こまちスタジアム ひたちなか市民球場 グアム ジュビロ磐田 ジュビロ磐田(2007リーグ戦) ジュビロ磐田(2008J1・J2入れ替え戦) ジュビロ磐田(2008ナビスコ) ジュビロ磐田(2008リーグ戦) ジュビロ磐田(2009ナビスコ) ジュビロ磐田(2009リーグ戦) ジュビロ磐田(2010ナビスコ) ジュビロ磐田(2010リーグ戦) ジュビロ磐田(2011ナビスコ) ジュビロ磐田(2011リーグ戦) ジュビロ磐田(2012ナビスコ) ジュビロ磐田(2012リーグ戦) ジュビロ磐田(2013ナビスコ) ジュビロ磐田(2013リーグ戦) ジュビロ磐田(2014 J1昇格プレーオフ) ジュビロ磐田(2014リーグ戦) ジュビロ磐田(2015リーグ戦) ジュビロ磐田(2016ナビスコ) ジュビロ磐田(2016リーグ戦) ジュビロ磐田(2017リーグ戦) ジュビロ磐田(2018リーグ戦) ジュビロ磐田(2018J1参入プレーオフ) ジュビロ磐田(全般) ナゴヤドーム ハワイ プロ野球 ランニング・マラソン 京セラドーム大阪 台湾 宇都宮清原球場 山日YBS球場 日本代表 日本製紙クリネックススタジアム宮城(Kスタ宮城) 日記・コラム・つぶやき 札幌ドーム 東京ドーム 横浜スタジアム 沖縄セルラースタジアム那覇 神宮球場 福岡ヤフオク!ドーム 第87回天皇杯全日本サッカー選手権 第88回天皇杯全日本サッカー選手権 第89回天皇杯全日本サッカー選手権_ 第90回天皇杯全日本サッカー選手権__ 第92回天皇杯全日本サッカー選手権 第97回天皇杯全日本サッカー選手権 読売ジャイアンツ 読売ジャイアンツ球場 阪神甲子園球場 静岡草薙球場 韓国 JAL修行