« 第39節 東京V-磐田 味の素スタジアム | トップページ | 第40節 磐田-長崎 ヤマハスタジアム »

2015年11月 6日 (金)

【ジュビロを忘れる旅2015夏】オアフ島8日間(4日目)

俺の夏休みぃぃオアフ島でのHawaii Life4日目です。

 

■9月10日(木)

 

 

01_2   

おはようございます。

この日も右にカメラを向ければ、リッツカールトンの工事現場…ではない朝。

この日は『フォー・パドル』を飛び出して、早朝からアラワイ運河沿いをRunしました (´ー`)

こんなに連日Runするなんて、7~8年ぶり (;・∀・)

 

02_2   

『カピオラニ・パーク』まで10分程度の気持ちよいRunでした。

 

03_2   

朝食はこの日もホットドッグと冷凍野菜の炒め物で簡単に。

 

04_2   

さあ、お出掛けしましょう♪

 

日本を経つ前に「今年はどこに行こうかな?」なんてテキトーに調べるのですが、今年は戦後70年。

70年だろうと69年だろうと過去の歴史や先人の苦労、いまある平和、そして二度と戦争を起こしてはいけない現代人の務めを認識しなくてはいけません。

仕事で鹿児島県にある『知覧特攻平和会館』とちょっとした縁があり、そこを調べているとパールハーバーにある戦艦ミズーリ内で知覧特攻隊の企画展が開催されていることを知りました。   

色々と調べていると、知覧の若き特攻隊員(神風特攻隊)の石野海軍少佐が戦艦ミズーリに体当たりし、爆破。石野少佐の遺体の一部が回収されましたが、ミズーリの艦長は石野少佐を「同じ軍人、同じ国を守る者」と名誉を持って自らの任務を全うしたとして海軍式の水葬で弔うことを決定したそうです。乗組員からは憎き日本人に対しての行為に反対の声もありましたが、艦長の命令より水葬が執り行われたそうです。

これが戦艦ミズーリで行われた唯一の葬儀だったようです。

 

ハワイを訪れてから9年。

日本人としてパールハーバーは避けていたかもしれません。

真珠湾攻撃に対する申し訳なさ、ハワイにいる日系人の苦労などを考えると、足を向けることなく9年が経ちました。

でも、この企画展、そして戦艦ミズーリ艦長の人間としてのやさしさに触れ、この機会に初めて訪れようと言う気になりました。

 

05_2  

ワイキキからH1で15分ぐらい走り、15A出口から99号線(カメハメハ・ハイウェイ)で『アリゾナ・ミュージアム(Arizona Mem)』方面へ。

 

06_2   

07_2  

ここ『パールハーバー・ヒストリカル・サイト(PEARL HARBOR HISTORIC SITES)』には、アリゾナ記念館、戦艦ミズーリ、太平洋航空博物館、潜水艦ボーフィン博物館などがあり、年間100万人以上が訪れる観光地だそうです。

でも、やはり日本人観光客は少ないとのこと。

 

08_2   

平日ですが、アメリカ人(たぶんメインランドの方々)が多数いました。  

事前に調べていた通り、荷物は少なめで。

基地内にあるので、バッグの持ち込みは禁止になっています。

ですので、ズボンのポケットに財布とデジカメ、そして透明のビニール袋にタオルとペットボトルを突っ込んで入場しました。

 

09_2   

すべての博物館の総合受付となっているパールハーバー・ビジターセンターで『戦艦ミズーリ記念館』と『太平洋航空博物館』のセット券を購入して(クレジットカード使用可)、フォード島に渡るシャトルバスに乗り込みます。

 

10_2  

5分程で戦艦ミズーリに到着。

入口で無料の日本語音声ガイド器を借りて(日本の運転免許証など身分証明を預けます)、戦艦ミズーリの船内へ。

 

11_2   

12_2   

戦艦ミズーリは、日本の降伏調印が行われた場所です。

それにまつわる様々な資料や写真が展示されていました。

旭日旗もたくさん展示されていましたが、これを見ても一部の韓国人は発狂するのかと心配になりつつ甲板へ。

 

13_2   

14   

この現代。この先にあるのは平和だと信じたいです。

 

15   

石野少佐が体当たりした時の写真と説明。

 

16   

体当たりした場所は凹んでいました。

小さな飛行機でこの大きな戦艦に体当たりして死んで行く。

怖かったでしょう。悔しかったでしょう。

なぜ、若い命が散らなくてはいけなかったのか。

戦争ってそう言うもの。他人事ではなく、愚かな国の指導者によって、国民が簡単に死に晒される、この地球上、最も愚かな行為。

 

17  

降伏文書に調印した場所にはプレートが埋め込まれていました。

 

知覧の企画展は、船底の部屋で行われていました。

 

18   

19   

20   

22   

特攻隊員の遺書も展示されていました。

本当は行きたくなかったでしょう。親も行かせたくなかったでしょう。

でも「行きたくない」「行かせたくない」と言えない時代。お国のために天皇のために死を選ばなければいけない時代。

本当にありえない。

 

23   

様々な思いが駆け巡った戦艦ミズーリから再びバスに乗り、『太平洋航空博物館』へ。

 

24   

25   

26   

零戦のレプリカなども展示されています。

 

27   

アメリカ空軍の機体も当然展示。

 

28  

これはニイハウ島に墜落した本物の零戦。

 

29   

なぜか日本海と東海の併記された世界地図。

 

飛行機好きには物足りなかった博物館でした。

 

パールハーバーを後にして、ランチは

 

30  

ワードセンターズにある毎度御馴染み『カカアコ・キッチン(Kaka'Ako kitchen)』へ。

 

31   

この旅2回目のロコモコを堪能♪

 

32   

ランチの後は、ダウンタウンにある『ハワイ出雲大社』へ。

モヤさまでは、ヌシカンさんでお馴染みのココ。

 

33  

狛犬にレイが掛かっているところがHawaiiですね (´∀`)

 

34  

35   

ヌシカンさん念願のサインを貰えたポスターが飾られていました (´Д`*)

 

ワイキキに戻り、天気が良かったので

 

36   

37   

『フォート・デ・ルッシー・ビーチパーク』で泳ぎながら夕日鑑賞。

いきなり目の前にホヌが現れ、興奮しちゃいました (≧∇≦)

 

100   

カリフォルニアロールとポキを食べたら

 

 もう寝る、おやすみ。
 ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ∧_∧
    ( ・д⊂ヽ゛
    /    _ノ⌒⌒ヽ.
 ( ̄⊂人  //⌒   ノ
⊂ニニニニニニニニニニニニニ⊃

 

 

【ジュビロを忘れる旅】オアフ島8日間(5日目)につづく

 

 

 

 

|

« 第39節 東京V-磐田 味の素スタジアム | トップページ | 第40節 磐田-長崎 ヤマハスタジアム »

ハワイ」カテゴリの記事

JAL修行」カテゴリの記事

【ジュビロを忘れる旅】」カテゴリの記事