« 2015 マリーンズ-ジャイアンツ 2回戦 QVCマリンフィールド | トップページ | 2015 ジャイアンツ-ベイスターズ 9回戦 東京ドーム »

2015年6月21日 (日)

2015 ジャイアンツ-ドラゴンズ 11回戦 東京ドーム

交流戦の最後の3カードを1勝8敗で終えたジャイアンツ。

リーグ戦の再開後もドラゴンズに敗れて10試合を1勝9敗とベイスターズを笑えない状態です。

原監督がリ・スタート打線と銘打った打線爆発を期待して東京ドームに行ってきました。

 

   

■6月20日(土)

 

 

01   

梅雨の晴れ間の東京ドームです (´ー`)

 

02   

12球団で一番キライなドラゴンズとの対戦。

 

03   

先発はマイコラス!

 

04   

05   

キレイな奥様を喜ばせるピッチングをしてくれ!

 

06   

セブンイレブンオレンジシートから全力応援!

 

1回表、一死二塁のピンチを凌いで迎えた初回の攻撃。

先頭の長野がいきなりヒット。井端が送って一死二塁のチャンス到来でバッターは亀井!

 

07  

SEKAI NO (≧∇≦) KAMEI 先制タイムリーVIVA!  

 

08    

何度も言いますが、初回に点が入るとビールが進みます (*´Д`)

 

2回のマイコラスは、また先頭バッターを出塁させちゃいますが、和田を併殺に仕留めて無失点。

3回も二死二塁のピンチを凌いで1-0のまま回は5回裏。

先頭の長野が相手の失策で無死二塁。井端は芸術的な進塁打で一死三塁となり、初回タイムリーヒットを放っている亀井!

 

09   

SEKAI NO (≧∇≦) KAMEI 2点目のタイムリーVIVA!!

 

10   

貴重な中押しで2-0となりました。

 

その後、7回までマイコラスは無難なピッチングでリズムを作ります。

そして、7回裏の攻撃。先頭バッターはマイコラスですが、簡単にマイコラスを歩かせてくれる優しきドラゴンズ。

そんな優しさを見せてくれたら、原監督の動物的勘が働いたのか、代走に尚広を送ります。

つづく長野がツーベースを放ち、無死二、三塁!

さらに原監督の動物的勘が働いたのか、井端に代打・由伸を送ります。

 

11   

動物的勘ドンピシャ (≧∇≦) 由伸3ランVIVA!!!!!

 

12   

ジャイアンツで40歳を過ぎて代打ホームランは58年ぶりだそうです(報知新聞社調べ)

 

13   

8回は山口。簡単に被弾されて5-1…。

4点差あるけど、また嫌な雰囲気が漂い出した8回裏。

先頭の相川が四球で出塁。つづく大田は遊撃ライナーでしたが、迷手エルナンデスがこの日2回目の悪送球してくれて一死二塁。つづく尚広がヒットで一死一、三塁のチャンス!

 

14   

長野 (≧∇≦) 2日連続猛打賞となるツーベースVIVA!!!!!!!  

 

15   

7点も取っちゃった♪

6点以上の得点は5月28日の西武戦以来ですよ (´Д`*)

 

16   

9回はマシソンがピシャリと抑えて

 

17   

7-1の快勝です♪

 

18   

19   

連敗も4でストップ♪

 

203   

ヒロインは亀井、由伸。そしてマイコラス。

マイコラスと言えば…

 

21   

ベンチで愛する夫を見つめるローレンさん (*´Д`)

 

22   

グラウンドまで来ちゃった (´∀`)

しかも、この日もアンダーアーマーを着ていますよ (´Д`*)

 

23  

自身、16日ぶりの2次会を堪能して

 

25   

26   

お疲れ!オレ!

 

 

■2015年セントラルリーグ公式戦<東京ドーム>

 読売ジャイアンツ 7-1 中日ドラゴンズ(試合時間:2時間46分)

 勝 マイコラス 3勝 3敗 0S

 S 

 負 バルデス

 本塁打 高橋由3号

 

 

 

 

|

« 2015 マリーンズ-ジャイアンツ 2回戦 QVCマリンフィールド | トップページ | 2015 ジャイアンツ-ベイスターズ 9回戦 東京ドーム »

読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

東京ドーム」カテゴリの記事