« 【ジュビロを忘れる旅2015初夏】 沖縄6日間(1日目) | トップページ | 【ジュビロを忘れる旅2015初夏】 沖縄6日間(2日目~その2) »

2015年5月 3日 (日)

【ジュビロを忘れる旅2015初夏】 沖縄6日間(2日目~その1)

 

■4月24日(金)

 

01_2   

おはようございます。

ジャイアンツのキャンプ地でもある沖縄セルラースタジアム那覇ビューの部屋だったようです。

 

02_2  

一度も座ることのなかったイスです。

いい部屋だったのですが、那覇東急REIホテルでは”寝るだけ”の役割でした。

 

03_2   

簡単な朝食をいただき、滞在時間12時間でチェックアウト。

 

04_2   

05_2   

06_2   

07_2   

久米島空港まで飛びます (´Д`*)

 

08   

09   

◆那覇(OKA)-久米島(UEO) NU211 ボーイング737-400(JA8938)

 

10  

行ってきま~す♪

 

11   

天気は曇。

景色を楽しめないまま…

 

12  

30分で久米島空港に到着。

 

13  

14  

久米島ではレンタカーで行動を取ります。

空港内にあるオリックスレンタカーのカウンターで貸出の手続きをしたら、空港内の駐車場に停めてあるクルマを勝手に持ち出し、近隣の営業所で傷チェックするシステム。

 

今回の一人旅は完全ノープラン。

少しだけ下調べしましたが、久米島の主要道路は県道が島を一周しているだけの簡単な構造。

なので、テキトーに走ってテキトーに観光しようと一人旅のスタートです!

久米島空港に隣接するオリックスレンタカーの営業所を出て、島を時計回りに周ってみることにしました。

少し走ったところで、観光ポイントの表示を発見。

 

15  

琉球松が見事な『五丈の松』です。

樹齢250年とのことで、横に横に枝が伸びた立派な松でした。

でも、ココはこれだけ (;・∀・)

この松の他に、簡素な売店があるだけでした。

 

では、次に。

 

16  

県道から海に向かって行くと『具志川城跡』がありました。

15世紀の琉球王朝の城跡らしいです。

 

17  

工事現場みたいな簡素な階段と途中から砂利道を登って城内(?)へ。

とは言え、こんな感じで何もありませんでした (;・∀・)

風も強く、寒い寒い。

さらに空はどんよりと曇り、景色も楽しめませんでした。

わずか滞在1分間で退散 (´∀`)

 

具志川城跡のすぐ先にあるのが

 

18  

岩に穴の開いた『ミーフガー』です。

まぁ、形が女性のナニに似ているんです。

オッサンには刺激が強すぎました (´∀`)

 

ここまで、ゴールデンウィーク前の平日だけあって、誰もいません。

ちょっと寂しくなってきましたよ。

 

さあ次は下調べで一番行きたいな。と思っていた

 

19_2  

熱帯魚の家』です。

自然にできた潮溜まりに熱帯魚が集まってるらしいのですが…

 

20  

いた!でも…

少なっ! (;・∀・)

 

水温が低いせいか、この他に数匹見かけただけでした。

 

ここで初めて他の観光客と遭遇しました。

カップルが仲良く、熱帯魚観賞。

その横で、オッサン一人が熱帯魚観賞。

 

想像しただけでもシュールでしょ? (´∀`)

 

そのカップル。こちらの存在に気づいた瞬間、顔に「え?オッサン一人?」って書いてありました。

すぐにその場を離れて行きましたよ (;・∀・)

 

 

21   

帰り道、後ろを振り返ると『熱帯魚の家』がよく見えました。

天気が良ければサイコーな眺望なんでしょうね。

 

22  

つづいて『比屋定バンタ』へ行ってみました。

(ひやじょうバンタ)って読みます。バンタとは崖のこと。崖の上に建つ展望台です。

「ハテの浜や粟国島・渡名喜島・慶良間島が一望できる絶好のビューポイント」らしいのですが

 

23  

『熱帯魚の家』方面を望む。

う~ん。。。。

 

24  

ハテの浜』方面を望む。

う~ん。。。。。。。。。。

 

何も見えない(笑)

 

 

さ、次に行こう。

 

『比屋定バンタ』のすぐ先に『宇江城城跡』入口の看板があったので、行ってみることにしました。

細い山道を10分以上も走ると

 

25_2   

駐車場があり、城跡の入口です。

ここから建設現場のような階段を上がると

 

26   

27   

この景色!

天気が良ければ絶景ですね。天気が良ければ。

 

 

28   

そのまま海に吸い込まれるような橋です。

 

29   

島を時計回りに走り、イーフビーチ方面に向かう途中にあるのが『真謝のチュラ福木』です。

 

さて、そろそろチェックイン時間になりましたので、ホテルに向かいましょうかね。

 

 

【ジュビロを忘れる旅2015初夏】 沖縄6日間(2日目~その1)につづく

 

 

 

 

|

« 【ジュビロを忘れる旅2015初夏】 沖縄6日間(1日目) | トップページ | 【ジュビロを忘れる旅2015初夏】 沖縄6日間(2日目~その2) »

JAL修行」カテゴリの記事

【ジュビロを忘れる旅】」カテゴリの記事