« 第31節 鳥栖-磐田 ベストアメニティスタジアム(鳥栖遠征~その1) | トップページ | GIANTS FAN FESTA 2013 »

2013年11月13日 (水)

第31節 鳥栖-磐田 ベストアメニティスタジアム(鳥栖遠征~その2)

鳥栖駅に到着した途端、とっとちゃんが泣いていた。のつづき。

 

 

■11月10日(日)のつづき 

 

昨年のナビスコカップ以来のベストアメニティスタジアムです。

 

19  

鳥栖高校書道部の皆さん、ありがとう。

 

20  

気合いを入れるため、「ミンチ天」を購入。

あ、ボクら蝗じゃないので、喰い尽したりしてませんから (´∀`)

 

21  

神奈川県民は、醤油が欲しくなる熊本県民のおかず。

 

 

22  

さあ、最後の最後まで闘おう。

 

23  

この試合も「他人の不幸に群がるゴミ」の皆さん。

自分の子どもに「お父さんはね、他人の悲しむ顔を写す(撮す)のが仕事なんだぞ」って言ってみろ。

 

 

24  

ひとりぼっち。

 

25  

能活が復活!

頼む能活!何とかしてくれ!

 

 

 

 

 

26  

そして、終わった。

 

27  

為す術もなく、終わった。

 

2008年の入れ替え戦で来年こそ降格では?言われつづけて5年。

ついに降格決定。

 

でも、クラブが消滅するわけではない。

これから未来永劫とつづく、ヤマハフットボールクラブの長い歴史の中で、たった一瞬の出来事。

何の根拠もないけれど、大丈夫。

俺たちのジュビロ磐田は、すぐに帰って来る。

 

愛するクラブがある限り、応援しつづけよう。

 

 

ジュビロサポーターは、試合後も「ジュビロ磐田コール」をつづけていました。

実は、飛行機の時間の関係で、試合終了と同時にスタジアムを後にしました。

駅に向かう道で、遠くまで「ジュビロ磐田コール」が聞こえていました。

 

 

 

時間もない中、博多駅で駅弁を買い、福岡空港へ。

 

28  

29  

悔しさと悲しさで腹が減ってしまい、搭乗時刻も迫って来ましたが、サクララウンジで駅弁をかっ込んでいると、メール着信がありました。

 

30_2  

50分の遅延だと? (;゚Д゚)エエー

 

この日、全国的に荒れ模様だったようで、羽田の官制から指示で遅延決定。

JALだけではなく全社そのようで、到着機材遅れ→遅延→搭乗口変更が繰り返され、空港内を走る人々。

 

これだったら、慌ててスタジアムを出る必要もなく、慌てて駅弁を食べる必要もなかったようです・・・。

 

結局・・・

 

32  

60分の遅延で出発。

 

31  

◆福岡(FUK)‐羽田(HND) JL332 ボーイング777-200(JA010D)

 

 

33  

コーヒーをいただいた後は、熟睡。

1時間経ったころでしょうか、そろそろ着陸体勢に入る頃だよなぁと目を覚ますと

 

34  

なぜか西に向かっている! (゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ?

聞けば、まだ羽田に着陸できないので、紀伊半島上空で旋回して時間調整中とのこと。

 

結局、本来は21時30分に到着予定が、23時となってしまいました。

まだ電車はある時間ですが、悔しさと悲しさで空港バス&タクシーを使って、深夜1時に帰宅。

 

 

なんだか、いろいろあった鳥栖遠征でした。

 

 

 

■第31節

 ベストアメニティスタジアム

 サガン鳥栖 1 - 0 ジュビロ磐田 

 得点:いない

 警告:山田、安田、金園

  (主審:人の幸せを踏みにじるドリームクラッシャーこと西村雄一)

 

 

 

 

|

« 第31節 鳥栖-磐田 ベストアメニティスタジアム(鳥栖遠征~その1) | トップページ | GIANTS FAN FESTA 2013 »

JAL修行」カテゴリの記事

ジュビロ磐田(2013リーグ戦)」カテゴリの記事