« 第33節 磐田-名古屋 ヤマハスタジアム(磐田) | トップページ | 第34節 C大阪-磐田 キンチョウスタジアム(その2) »

2010年12月 6日 (月)

第34節 C大阪-磐田 キンチョウスタジアム(その1)

俺たちの前田遼一得点王を目撃するサポーターの朝は

 

001

早い!

 

始発の電車に乗り、新しくなった羽田空港国内線のJALサクララウンジでゆっくりとして。という予定が、うっかり出発時間が遅くなり、2番電車に乗るべく、地元駅に到着するも・・・

 

財布忘れた ((((゚Д゚; )))

 

徒歩で往復すると飛行機の時間が危うくなるので、仕方なくタクシーで往復。

のっけから痛い出費です (つД`)

 

気を取り直して、羽田空港に到着。

10月から新たに設置された

 

002

003_3 

JALグローバルクラブエントランス。これで保安検査場の長い行列に並ばなくてよくなりました (´ー`)

 

004

005

006

新しくなったJALサクララウンジ。

南北のラウンジが一緒になって、とても広く感じます。そして3階に移転したので、見晴らしがすごくよくなりました。

 

007

今回登場の機材はAirbus A300-600R(AB6)。この機材も近いうちに退役予定なので、最後の搭乗かもしれません (つεT)

 

008

前日の嵐で塵や雲を取り払ってくれたお陰で、エコパスタジアムがよく見えました。

 

009

朝食は空弁ならぬ「空パン」です。

 

 

伊丹空港到着後、バスで難波へ。長居に行くのに初めて電車利用の遠征となりました。

 

難波の街でJRの難波駅探すも、見当たらず。

南海の難波駅で構内地図見ても、南海のことしか載っておらず、仕方なく携帯電話の地図に頼りました。

そしてJRは地下鉄や南海の「難波駅」と離れていることに初めて気づき、出発から30分以上も掛けて、ようやくJR難波駅に到着。

 

大阪の街の標識って、初心者には本当に不親切だと痛感。

特に南海のドアホ!自分の会社だけしか考えて地図表示するんじゃねぇ!と心の中で罵声を浴びせ、JRに乗車しました。

でもよく考えてみると「JR難波」駅っていう名称もとっても違和感が・・・。

関東だと京王○○駅とか小田急○○駅というのがありますが、JR○○っていうのは初めてかも。

ま、関係ありませんが兵庫には「宝塚南口駅」というのもあり、宝塚南口駅西口と、もう意味わかんない!

ちなみに「西宮北口駅」というのもあります (´∀`)

 

脱線しましたが、JR難波駅から天王寺駅で阪和線に乗り換えです。

 

010

ここでも迷いました。

阪和線のホームはどこだか、案内標識が見当たらず、ホームをウロウロと。2階に上がったらようやく見つけた次第です。

それでも不安になっていたら、全身ピンクの大阪的おばちゃんを発見!

一瞬、林家ペーパーかと思いましたが、間違いなくセレッソだw

 

大阪的おばちゃんの後を追い、無事阪和線に乗車。

 

011

鶴ケ丘駅でも大阪的なおばちゃん発見w

 

大阪の昼食といえば・・・

 

012

013

やはりココ。

宮本むなしで豚しゃぶ定食で得点王の前祝いをしました。

 

 

014

キンチョウスタジアムに到着したら、いきなり「誰?」キャラに遭遇。

カメラ向けたらポーズを取ってくれました。カワユス

 

015

非常に親近感が沸くロゴですが、なぜでしょう?

と、開門する前にすでに長くなってしまったので、その2に続く。

 

 

 

 

|

« 第33節 磐田-名古屋 ヤマハスタジアム(磐田) | トップページ | 第34節 C大阪-磐田 キンチョウスタジアム(その2) »

ジュビロ磐田(2010リーグ戦)」カテゴリの記事