« 【ジュビロを忘れる旅2010】 北海道2日間(1日目) | トップページ | 【ジュビロを忘れる旅2010】 北海道2日間(2日目~その2) »

2010年12月14日 (火)

【ジュビロを忘れる旅2010】 北海道2日間(2日目~その1)

社員旅行で行く【ジュビロを忘れる旅2010】北海道2日目。

 

社員旅行中だってサポーターの朝は

 

21

5時49分とちょっと早い!

 

もうお出掛けの時間です (´∀`)

 

早々にホテルをチェックアウトし、いきなり目に入ったのは

 

22

なぜかHawaiianなビル (´ー`)

札幌なのになぜHawaiian??

 

それにしても早朝の札幌は

 

23

寒い・・・。夜中に雪が降り出したらしく、すすきのの街も薄っすら雪化粧。

 

24

そりゃ寒いわけだ。氷点下3℃でした ((((゚Д゚; )))

 

外に立っているだけで凍死しそうなので、地下鉄に逃げます。

「すすきの」から南北線で「さっぽろ」で乗り換え。かなりの距離を歩き、東豊線に乗って到着した駅は

 

25

「栄町」です。

 

改札を出ると

 

26

おはようございます。中山さん (゚∀゚)イイ!!

 

 

地上に出るとそこは

 

27

さらに極寒です。さらに雪が降っています。さらに強風が吹いています。

 

そんな極寒の中、1.3kmを歩きます。

目的地は・・・

 

28

丘珠空港 (´∀`)

正式には札幌飛行場ですが、丘珠空港と表記します。

事前に地図で歩けることも確認し、栄町駅前から丘珠空港に向けて歩き出すと

 

 

29

駅前には誰もいません。。。。。

 

210

さらにさらに雪は強くなりますが、太陽はしっかり昇ります。

う~ん。不思議な光景。

 

211

雪はさらにさらにさらに強くなり。。。。。

 

212

なんだか哀しくなってきました (つД`)

 

 

後ろを振り返ると

 

213

もっと哀しくなりました (つД`)

 

 

歩くこと20分

 

214

215

ようやく丘珠空港(OKD)に到着しました。

 

この空港は北海道エアシステム(HAC)しか発着していません。

ちなみにHACという略は北海道エアコミューターという社名の略だと思いがちですが、Hokkaido Air System Co., Ltd.でHACです。HASだと設立時に日本エアシステムの関連会社に「北海道エアサービス (HAS)」が存在し重複するため、「HAC」となったと考えられた。らしいです。正式な航空会社コードは「NTH」です。とwikiに書いてましたw

 

HACはJAL51%、北海道が49%出資している3セク形式の会社です。とヲタが述べる。

八丈島空港の3レターコードはHACです。とヲタが述べる。

 

空港に入るとチェックインカウンターは当然HACのみ。

よって、自動ドアが開くとHACのグラウンドスタッフが一斉にこちらを注目しますw

 

とても小さな空港。

1階はHACのカウンターと到着ゲート。2階は小さな売店と小さなレストラン。そして保安検査場だけの施設です。

 

216

ここ丘珠空港からは函館空港(HKD)と釧路空港(KUH)にしか路線がありません。

そして1日6便のみ。画像の他に17:30のHAC2867釧路行き1便があります。でも年末年始は運休する便がかなりあります。

 

 

217

搭乗するSAAB340B(SF3)は翼の雪を落とす懸命な作業が続いていました。

 

まだ出発まで時間があるので

 

218

小さなレストランでビール・・・いや、コーヒー飲んで一息つきました。

 

 

さて、搭乗開始です。

 

219

220

丘珠空港は搭乗するためにロードヒーティングを導入した唯一の空港らしいです。

 

221

    ∩___∩   /)
    | ノ      ヽ  ( i )))
   /  ●   ● | / /
   |    ( _●_)  |ノ /   イイクマ――!!
  彡、   |∪|    ,/
  /    ヽノ   /´

さすが北海道。路面のイラストもクマーですw

 

 

222

SF3は久しぶりの搭乗です。

う~ん。昨年のJAL修行を思い出して、涙が出てきました 。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

昨年は11回搭乗している機材です。

 

このSF3の座席数36席。

Saab340b

この便の乗客は7名でした。

 

223

HACのSF3のシートはラベンダー色の革シートでした。

 

 

224

この天候だと揺れに揺れます。40分の飛行予定時間が過ぎ、最終着陸体勢に入ったと思ったら急に上昇しました。

機長「先ほど最終着陸体勢に入りましたが、視程不良のため無理と判断し、現在上昇しております。地上からの連絡ですと15分~20分後に西から雲の切れ間が出る模様で、その際に着陸します」とのお知らせが。

一旦、シートベルト着用サインも消され、SF3は函館上空を旋回します。

 

225

おっ!五稜郭がキレイに見えます!

 

そして5分後・・・

機長「先ほど15分~20分後に着陸と申し上げましたが、雲が切れているので1分後にシートベルト着用サインを点灯します。お手洗いはこの時間にお済ませください」と慌ててのアナウンス。

1分じゃ無理かもw

 

そして着陸体勢に入るものの、また上昇。揺れが激しくなります。

機長「二転三転して申し訳ありません。着陸体勢に入りましたが、まったく視程がなく上昇しました。このまま旋回します。またシートベルト着用サインを消しますので、お手洗いは今のうちにお済ませください」

 

う~ん。このままダイバートかな?と思いつつも今日はノンプランの旅。別に違う空港に着陸してもいいやww とお気楽に考え、眠りにつきました。

そして30分が過ぎた頃

機長「いま雲が切れました。最終着陸体勢になりますので、シートベルトを腰の低い位置にしっかりとお締めください」

と、アナウンスした途端、確かに雲がポッカリと開いて、地上に光が差し込んでいます!

その小さな雲の切れ間にSF3は滑り込んで行き、無事函館空港に到着しました。

 

キャプテソ☆ステキ

 

31

ものすごい雪の函館空港。

 

32

滑走路はまるで雪原状態 (´・ω・`)

 

空港の外も

33

こんな状態。

到着が40分遅れたため、函館駅までの連絡バスも行っちゃいました。

 

ちなみに次のバスは2時間後 (´∀`)

 

仕方なく

34

タクシーで函館駅に向かうことにしました。

 

果たして生きて帰って来れるのか・・・

 

 

(ノープランの旅はまだつづく)

 

 

 

 

|

« 【ジュビロを忘れる旅2010】 北海道2日間(1日目) | トップページ | 【ジュビロを忘れる旅2010】 北海道2日間(2日目~その2) »

【ジュビロを忘れる旅】」カテゴリの記事