« 【ジュビロを忘れない旅2010】 ワールドカップ南アフリカ(4日目) | トップページ | 第13節 清水-磐田 アウトソーシングスタジアム日本平 »

2010年6月25日 (金)

【ジュビロを忘れない旅2010】 ワールドカップ南アフリカ(5日目)

■6月16日(水)

HKG→NRT(JL732/747-400)

 

まだ勝利の余韻が残ったまま、香港国際空港に到着しました。

時差ボケはないのですが、月曜日にブルームフォンテーンでの試合後、7時間掛けてヨハネスブルグに戻り、深夜3時すぎに就寝。そして火曜日の午前中にホテルを出発したので「曜日感覚」というものがまったくありません。

日本時間ではカメルーンに勝ってから丸1日以上経っているんですよね・・・。

なんか不思議。

 

そんなボケた頭を「日本仕様」に戻すため、サクララウンジへ。

 

002

003

 

ここで久しぶりの「日本語の活字」に触れます。

読売新聞衛星版、日経新聞衛星版、そしてネットでカメルーン戦の記事を読みまくり!

 

アサヒスーパードライのツマミは「かけそば」で、和を極めてみる。

 

う~ん、やっぱり和テイストは、うまいッス (*^ー゚)b

 

香港でのトランジットは7時間。

ラウンジで爆睡の予定が、サクララウンジ内は自然光がビジビシ入ってくるつくりなので、明るいんです。

「まったく寝られません」

 

さらにラウンジ内は禁煙なので、タバコ吸いたい場合は搭乗ゲートにある喫煙所まで3分ほど歩かなくてはいけません。

 

じっとしていられなくなり、一服を兼ねてサクララウンジを出ました。

 

喫煙所でタバコを吸っていると、隣の外国人(東南アジア系)が話しかけてきます。

 

外「お前はフィリピン人か?」

俺「・・・(どう見ても東南アジア系には見えないだろ)俺は日本人だよ」

外「おう!そうだったのか?日本人か!フィリピン人はオレだったよ。アッハッハ!」

 

( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …!?

 

なにかの嫌がらせですか? (つД`)

 

そんなフィリピンギャグに疲れ果て、免税店めぐりをしたとこで搭乗時刻まであと2時間となりました。

 

出発の日の行ったキャセイパシフィック空港のラウンジにあるシャワー室を借り、ようやく「生き返った」感も戻り、ゲートに移動しました。

 

004

この旅4回目の747-400です。

YOKOSO!JAPAN!機でした。

確かこの機材(機体番号に覚えがあるので)は2回目の搭乗です。

 

 

005

さあ、帰ろう。

 

今回の機材はなんとJAL SHELL FLAT SEAT搭載便でした。

香港-成田間は、時差ボケ防止のために「寝てはいけない区間」なんですが、それは無理。

ボタン1つでフルフラットポンジションになってしまいます・・・。

 

もう寝る、おやすみ。
 ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ∧_∧
    ( ・д⊂ヽ゛
    /    _ノ⌒⌒ヽ.
 ( ̄⊂人  //⌒   ノ
⊂ニニニニニニニニニニニニニ⊃

 

ウトウトしかけたところで食事タイム。

 

 

006

当然「和食」をチョイス。

三色そうめんに「お~!」

焼き鮭に「ほ~!」

煮物に「ぽ~!」

極めつけは味噌汁に「ぴょ~!」

もう和食サイコー!

 

その後も睡魔とフルフラットとの熾烈な戦いが繰り広げられましたが(※結果はフルフラットの勝利)、定刻通りに成田空港に到着。

 

時刻は午後8時20分。

 

荷物もさっと取り、税関へ。

 

難しい顔しながらパスポートをチェックされます。

 

入出国スタンプを確認する税関職員が驚きの表情で「え?(南アフリカ)行ったんですか?」「どの試合に?」と聞かれたので「カメルーン戦のみですよ」と答えると、「いいなぁ~~~羨ましい!」と笑顔で言ってました。

当然、荷物のチェックもされずww

 

その後も、スレ違うJALグランドスタッフの方にも「お疲れさまでした~」と声を掛けられます。

さすがにカメルーン戦の勝利は国内でも大きな話題だったんですね。

その後、空港バスで地元に戻り、最後の乗ったタクシーの運転手さんも友人A氏との会話を聞いて、「まさか南アフリカ帰り!?」から「治安は?」「寒かった?」「ブブゼラうるさかった?」と質問攻めの間に自宅に到着しました。

 

時刻は午後11時50分。

 

ヨハネスブルグのホテルを出発してから31時間後に帰宅できました!

 

 

今回の南アフリカ遠征は、不安だらけで始まりましたが、行ってみて「心配しすぎ」だったと感じます。警備が厳重だったこともそうですが、海外に行った場合「危険な場所は避ける」「夜は行動しない」などの最低限の行動をしますが、それと同じでした。

サポ村ツアー参加者も全員が「日本を勝たせよう!」という方々ばかりで、「サポーターも気持ちひとつ」になれました。

事務局のみなさんにも感謝いたします。

4年後はブラジル大会。

ブラジル行くのも苦労しそうですが、4年間ブラジル貯金をして遠征したいと思います。

 

NIPPON!!!!!!!!!!

 

007

009

 

【ジュビロを忘れない旅2010】 ワールドカップ南アフリカ(了)

 

 

 

 

|

« 【ジュビロを忘れない旅2010】 ワールドカップ南アフリカ(4日目) | トップページ | 第13節 清水-磐田 アウトソーシングスタジアム日本平 »

日本代表」カテゴリの記事