« Hau 'oli makahiki hou !! | トップページ | 2009JAL修行総括~機材篇 »

2010年1月 2日 (土)

2009JAL修行総括~空港篇

JAL修行の際、心配になるのが乗り継ぎだと思います。

「一体、どれくらいの間隔を空けて、次の乗り継ぎ便を予約すればいいの?」との疑問。

事前にネットで調べましたが、いまいちよくわからず。

そんな方のために(←いるのか?)、空港の乗り継ぎについてまとめてみました。

(空港の構造、便名、乗り継ぎ時間等は2009年当時の情報です)

 

今年、発着で利用した空港は、羽田(国際線ターミナル及び第1ターミナル)、韓国・金浦、女満別、新千歳、成田、伊丹、神戸、但馬、広島、出雲、松山、福岡、宮崎、長崎、熊本、鹿児島、種子島、ホノルルです。

 

神奈川在住なので「メイン空港」は羽田空港になると思っていましたが、実際には伊丹空港が「メイン空港」でした。

羽田から安く(時間を選べば1万円以下)、近く、頻繁に便があるのが理由ですが、伊丹から手頃な距離・価格の便が多いのも理由でした。

朝一伊丹に飛んでから、伊丹を基点(ハブ)に1日掛けて伊丹に戻ってくる。そして夜、羽田へ。

そんなパターンが多かったです。

 

 

【新千歳(札幌)空港】

さすがは北の玄関口。売店もレストランも充実しており、道内の有名ラーメン店がまとめて出店しているのもうれしかったです。最後の「味噌一杯」ができます。

今回のJAL修行では単純に「羽田-新千歳往復」が1回(+特典航空券利用1回)と、いわゆる「乗り継ぎ」したのが1回です。

乗り継ぎは、広島(JL3401)-新千歳(JL2715)-女満別(JL2716)-新千歳(JL532)-羽田でした。

広島から新千歳-女満別-新千歳まで同じ機材(MD90)を使用していました。

女満別に乗り継ぐ際は約30分の余裕がありましたが、地上係員が案内の紙を持って誘導してくれました。コインロッカーに荷物を預けたかったので、一旦外に出てから保安検査を受けましたが、問題なく女満別行きに搭乗できました。

 

Shinchitose  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【女満別空港】

上記の新千歳-女満別-新千歳で利用しました。同じ機材が折り返すパターンです。

時刻表上では到着から出発まで35分です。一旦到着ゲートに出て、保安検査を受けなければなりません。

時期によると思いますが、地元団体客(年配のツアーでした)が保安検査場に列をなしており、ちょっと焦りました。

空港は小さな空港です。普段なら利用客も少ないでしょうから、30分あれば売店に行く余裕もあるかと思います。

 

Memanbetsu  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【伊丹(大阪)空港】

今回のハブ空港。ANA側とJAL側で分かれていますので、JAL側しか知りませんが、出発ロビーと到着口は一緒ですので、飛行機を降りればすぐに出発搭乗口となります。

ただし、但馬空港に行こうとする場合は、窓口でのチェックインが必要です。そこで座席が確定します。もし羽田等で但馬便の座席指定をしていない場合は、伊丹空港のチェックインカウンターで行ってください。

また但馬便の搭乗口はだいたい24Aですので、滑走路を歩き、搭乗します。時間の余裕はある程度あった方がいいでしょう。

 

Itami_01  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また出発ロビーには「BLUE SKY」はありません。JALカード割引を使いたい場合は、保安検査場前にある「BLUE SKY」に行ってください。

時間がある時は、展望階に行くと、B777-200からMD90、DH4、SF3と様々な機材の発着が見られます。

個人的には一番好きな空港です。

 

Itami  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

【コウノトリ但馬空港】

言わずと知れた、JAL修行僧の誰もが行く空港。

ホント山の中にある小さな小さな空港です。

最初に行った時は、軽くカルチャーショックを受けました・・・。

詳しくは行った時の楽しみがなくなってしまうので、あえて触れませんw

ここも当然、同じ機材が折り返すパターンです。しかも午前も午後も到着から出発まで25分間です。

ですが、心配御無用。到着出口から出発の保安検査まで徒歩3歩

部屋から出て、すぐ隣りにある部屋に入るイメージ (´∀`)

売店もありますが、無人です。購入したい場合は、離れた喫茶店の店員さんに声を掛けるのがルールのようです。

また出発ロビー(乗客全員が座れないソファーの数)にはトイレも喫煙所もありません。

事前に済ましておきましょう。

なお、喫煙所は外に灰皿がありますので、そこが「喫煙所」ですw

またぜひ行きたい空港です。

 

Tajima  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【神戸空港】

出張で2回利用しました。

神戸の中心部、三宮からポートライナーで20分程度で、未開発な埋立地にありますので、当然周辺には何もありません。

駅の改札を抜けると、すぐに空港入口です。

レストラン、売店の数は極端すぎるぐらい少ないです。地方空港の方が充実しています。

ちなみにラウンジもありません。

すべて出発便で利用したため、乗り継ぎは不明です。

JAL撤退ですしね。

 

 

【広島空港】

今年は出張で1回、サンフレッチェ戦での遠征+修行で1回利用しました。

到着→出発は時間はそんなに掛からない広さです。

空港内に「お好み焼き」村チックなものがありますので、市内で食べて空港で食べてと広島を堪能できます。

ただし、市内との足はバスのみで、遠いのが難点です。

空港の前にある「森林公園」は飛行機の撮影スポットみたいですが、まだチャレンジしたことはありません。

 

 

【出雲空港】

典型的な地方空港です。乗り継ぎ、折り返しも簡単にできます。

余った時間は近くの宍道湖の風景を楽しむもよし、空港内のレストランで「出雲そば」を堪能するもよしです。

 

 

【松山空港】

典型的な「地方空港」の大きさです。売店やレストランは充実しています。

乗り継ぎも楽にできます。

JALラウンジは狭いです(20席程度?)。トイレも外なので、結構面倒でした。

 

Matsuyama   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【福岡空港】

九州の基点(ハブ)空港として利用しました。

福岡-宮崎、福岡-鹿児島という近距離が多かったです。

九州内の便の乗り継ぎは楽です。九州内は第1ターミナル発着です。

特に面白いのは、搭乗口です。自転車置き場みたいな通路を歩いて行くと、小さな看板の行き先表示が現れます (´ー`)

  

Fukuoka_02 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

Fukuoka_01

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも注意点が。

九州内をうろうろとしてから、羽田(伊丹等)に帰ろうとすると少し余裕が必要です。

というのも、九州内の便は第1ターミナルですが、羽田(伊丹等)は第2ターミナルになります。

第1⇔第2は一度外に出てからでないと移動できません。

よって、外のバスターミナル横を全力疾走してから搭乗しなければなりません(←経験済)。

ご注意を。

 

Fukuoka  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【長崎空港】

典型的な地方空港の大きさです。

あまり乗り継ぎはしないと思います。どちらかというと折り返し。

折り返し時間も、余裕なさすぎず、ありすぎずがベスト。

時間の余裕があっても、市内まで約60分掛かるので、観光している間もなく、なさすぎも長崎を楽しめません。

どちらかといえば、120分ぐらいの余裕で空港内の「長崎ちゃんぽん」を堪能してから戻るのがいいでしょう。

 

Nagasaki  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【宮崎空港】

とっても「南国」を感じられる空港です。空港の周りにはブーゲンビリアが咲いていました。JRの駅も直結していますので、宮崎市内に遊びに行くこともできます。

乗り継ぎ、折り返しとも楽にできる空港です。

空港内は「マンゴー」一色という感じ。フレッシュジュースやカットマンゴー、マンゴーソフトクリームが愉しめます。

東国原知事のパネルもありましたw

福岡から向かうと、山からいきなり海に出て、着陸寸前には海面ギリギリを飛ぶ迫力ある飛行ルートが好きな空港のひとつです。

 

Miyazaki 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【熊本空港】

市内から少し離れた山の上にある空港。熊本KKウィングも近くにありますので、サッカー遠征には便利な場所です。

乗り継ぎ、折り返しとも楽にできる空港です。

 

Kumamoto  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【鹿児島空港】

地方空港の中では一番好きな空港です。

レストラン、売店とも充実しすぎなくらい充実しています。

また、鹿児島は方面、便数とも多く修行の基点(ハブ)になる空港です。

 

Kagoshima  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また外に無料の足湯があるのが、ありがたい。6月の修行の際は、前日に羽田-伊丹-但馬-伊丹-長崎-伊丹-福岡の6回、翌日は福岡を基点に、福岡-宮崎-福岡-鹿児島という強行軍をしましたが、鹿児島に着いた時点で体調が悪くなりましたが、この足湯のお陰で生き返りました (*´Д`)ポッ

 

Kagoshima01 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお搭乗口前には「畳」がありますが、疲れた身体で横になると熟睡してしまうのでご注意ください。

実際、隣りで熟睡していた若いお兄ちゃん(他人)が乗り遅れるのを目撃しています Σ(゚Д゚ノ)ノ

 

 

【種子島空港】

宇宙センターもある種子島。着陸前にはとってもキレイな青い海が広がります。

本当は観光もしたかったんですが、ここは鹿児島から折り返したので、島の地を踏んでいません (つД`)

滞在時間は25分でしたw

空港内の売店は南国リゾートを感じられるお土産が多かったような気がします。

なんせ25分しかいませんでしたから・・・。

(折り返しも簡単にできます)

 

Tanegashima  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(「機材篇」につづく)

 

 

 

|

« Hau 'oli makahiki hou !! | トップページ | 2009JAL修行総括~機材篇 »

JAL修行」カテゴリの記事